※間もなく下記が表示されます。(パソコン環境によりましては)恐れ入りますが少しだけお待ち下さい。
おとき(御斎)と言えば…
下記は別ページに掲載
法事・法要
四十九日(しじゅうくにち)
一周忌(いっしゅうき)
お盆・初盆
葬儀・葬式の流れと手順
葬儀・葬式での挨拶
礼状の書き方と文例
喪中ハガキ
お返し
冠婚葬祭マナー_冠婚葬祭マナーTOP

葬儀・葬式の知識とマナー
 関連ページ目次

ほかは冠婚葬祭マナーTOPへ

あ〜お
一周忌
遺族,遺族しきたりとマナー
受付係(葬儀の手伝い)
お悔やみの言葉
お悔やみ状お悔やみの手紙
お悔やみ状お悔やみのメール
お斎(おとき)
お布施
お礼(葬儀に関するお礼)
か〜こ
会葬礼状会葬礼状
仮通夜
忌明けの挨拶状
供花・お悔やみの花供花・お悔やみの花
献杯(けんぱい)
献杯のあいさつ
香典の知識とマナー
香典の書き方
香典の金額
香典返し
告別 式
御仏前
御霊前
さ〜そ
参拝のしかた
参列者のマナー
四十九日(忌明けの法要)
死亡通知死亡通 知
謝礼(葬儀に関するお礼)
焼香のしかたとマナー
初七日
初七日 香典
席次/通夜、葬儀
線香のあげかた
[葬式・葬儀]
葬式・葬儀のお礼状
葬式・葬儀のお礼メール
葬式・葬儀の席次
葬式・葬儀の流れ
葬式・葬儀の費用
葬式・葬儀の服装
葬式・葬儀マナー
葬儀での喪主,遺族マナー
葬儀の受付係 役割と服装
葬式での挨拶・スピーチ葬式の挨拶・スピーチ
 
弔辞など
葬式・葬儀での挨拶とスピーチ葬式の挨拶・スピーチ
 
遺族・喪主の挨拶
た〜と
玉串料と
  玉串奉奠
(たまぐしほうてん)
弔辞(葬儀スピーチ)のマナー
弔電のマナー
弔電のお礼状_弔電のお礼状と会葬礼状
通夜の席次
通夜のマナー
通夜の服装
手紙 時候の挨拶
手紙 頭語と結語
な〜の
流れ(葬式,葬儀)
年賀状のマナー
年忌法要早見表
納骨
のし
 お悔やみの熨斗(のし)
は〜ほ
墓参りのしかた,マナー
葬儀のお礼状封筒のあて名の書き方
御仏前
法事・法要
法事・法要の挨拶
法事・法要の案内状
法事・法要の席次
費用(葬儀,葬式)
服装(葬儀,葬式)
初盆・新盆
ま〜も
喪中ハガキ喪中ハガキ年賀欠礼状
ら〜ろ
礼状 会葬礼状
御霊前
わかりやすいマナー
わかりやすいマナー
 
 
おとき(お斎)のページのロゴ
おときとは?(お齋=法事や法要のあとの食事会のことを言います)
仏教の場合、法事・法要の際に、僧侶による読経のあと食事がふるまわれます。この食事をおとき(御斎・お斎とも書く)と呼びます。僧侶や参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であると同時に、一同で故人を偲ぶための行事です。このページではお斎の流れとマナーをご紹介します。
スポンサードリンク
………このページの内容………
【表紙のページに戻る】
1. 法事・法要の種類
2. 法事・法要の準備
  (料理・引出物の手配、、お布施)
  ( お斎の食事の金額相場は?(会食の金額のめやす))
3. 法事・法要の流れと作法
4. 法要のあとの会食「お斎(おとき)」全体の流れ、喪主の挨拶の例
1.法事・法要の種類
仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。
この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目で、この日が忌明けとされます


(※一般的な忌明けは四十九日ですが、地方によっては、五七日(いつなぬ か)が忌明けの場合もあります。厳密には忌明けまでの間、七日おきに法要がありますが、忌明けとなる四十九日以外の法要は遺族のみで行なわれることが多いようです。)

遺族は、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない、故人が成仏できるように祈ります。
日程を決める際、法要の日が平日にあたる場合には、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般 的です。

法事のあとの会食をお斎(おとき)と呼びます。お斎については、このページの下の方で説明しています。
亡くなってからの日数の数え方は以下のとおりです。
 
【このページのトップに戻る】
  法要の名称 時期 法要の内容





初七日
(しょなぬか)
7日目
(葬儀当日に行なわれることが多い)
遺族、親族、友人、知人などが参列。僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。

最近は、火葬場から遺骨が帰ってきたときに遺骨を迎える還骨勤行(かんこつごんぎょう)と一緒におこなわれることが多いようです。
ニ七日忌(ふたなぬ か) 14日目 遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
三七日忌(みなぬ か) 21日目 遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
四七日忌
(ししちにち)
(よなぬか)
28日目 遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
五七日忌
(ごしちにち)
(いつなぬか)
三十五日
(さんじゅうごにち)
35日目 遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。

宗派によっては、この日が忌明けとされる場合もあります。その場合の法要の内容は四十九日を参照してください。
六七日忌
(ろくしちにち)
(むなぬか)
42日目 遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
七七日忌
(しちしちにちき)
(なななぬか)
四十九日
(しじゅうくにち)
49日目 遺族、親族、友人、知人などが参列。僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食(お斎)をします。

この日が忌明けとされます。本位牌を仏壇に納め、白木の位 牌を菩提寺に納めます。
この日に納骨するケースが多いようです。
百か日忌
(ひゃっかにち)
100日目 遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
 




一周忌
(いっしゅうき)
満1年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食(お斎)をします。
三回忌
(さんかいき)
満2年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食(お斎)をします。
七回忌
(ななかいき)
満6年目 遺族、親族で供養するのが一般 的です。
一般的に、七回忌の頃から、法要の規模を縮小していきます。
十三回忌
(じゅうさんかいき)
満12年目 遺族だけで供養するのが一般 的です。
十七回忌
(じゅうななかいき)
満16年目 遺族だけで供養するのが一般 的です。
省略する場合もあります。
二十三回忌
(にじゅうさんかいき)
満22年目 遺族だけで供養するのが一般 的です。
省略する場合もあります。
二十七回忌
(にじゅうななかいき)
または
(にじゅうしちかいき)
満26年目 遺族だけで供養するのが一般 的です。
省略する場合もあります。
三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
満32年目 遺族だけで供養するのが一般 的です。
※三十三回忌は弔い上げ(とむらいあげ)とも言われます。仏教では死者は33年目にはどんな人でも無罪になって極楽浄土に行くと言われています。
仏壇から戒名を記した位牌を片付け、これ以降は「□□家先祖の霊」の位 牌を祀ります。
※地方によっては、五十回忌をもって弔い上げとする地方もあります。






2.法事・法要の準備
それでは、実際に法事・法要を行う場合に必要になってくる準備について、下記にご紹介します。沢山の人をお招きして行うような法事の場合には、準備についても寺院や葬儀店と相談すると良いでしょう。三回忌を過ぎると、遺族と親族のみになってくる場合が多いようです。
【このページのトップに戻る】

法事・法要の準備(遺族)
日程を決め、お寺の手配、引出物の手配、食事の手配などを行ないます。
項目 準備するもの
1.日程を決める ・百か日までの追悼法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般 的です。
また、一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は年数−1年(年数マイナス1年)で行ないます。(例:三回忌は満2年)

・法事・法要の日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般 的です。
2.場所を決める
・自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。

・読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。

・おめでたい伊勢海老や、鯛などの献立は避けた方がよいので、予約の際には「法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。

・お斎の料理の金額めやす(お斎代)は下記のとおり
●お斎の食事の金額相場は?(会食の金額のめやす・お斎代)
・初盆や一周忌などで、親族以外に会社関係や友人・知人なども出席する場合の金額相場は5,000〜10,000円くらい(地方では3,000〜10,000円)。
・お寺で食事まですべてを行えるところもありますが、お寺で法要だけを行い、食事については周辺の料亭やレストラン等で手頃な会席を利用することもできます(お斎代3,000〜10,000円)。
ただし会場がホテルの場合には8,000円〜12,000円くらい(地方では6,000〜10,000円くらい)。
・三回忌以降の場合、あるいは親族だけの法要を自宅で行う場合なら、仕出しのお弁当などで3,000〜5,000円くらい。
※地方によって異なります。
3.料理の手配をする
4.お寺への連絡 ・場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。
・菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。
5.案内状の手配 ・親族だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。
・会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。
6.引出物の手配 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。
・引出物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。最近はカタログギフトも増えました。予算は@2,000〜5,000円程度が一般 的です。

・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。

・法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。
7.お布施などを用意しておく ・僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お斎)に同席して下さる場合には、御布施または御経料、お車代の2つを用意します。
もし、僧侶がお斎を辞退されたら、御布施または御経料、お車代のほかに、御膳料を加えた3つをお渡しします。

・金額(相場)の目安をご紹介します(平成19年12月現在)
__御布施または御経料は、3万円程度。
__お車代は、5千円〜1万円くらい。
__御膳料は、5千円〜2万円くらい。

・お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。
半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。
8.墓石、墓地 法事と納骨を同じタイミングで行なう場合もあります。お寺、墓地、石材店への手配と、日程を確認しておきましょう。。



スポンサードリンク

3.法事・法要の流れと作法
当日は、準備をしつらえて僧侶をお迎えします。沢山の人をお招きして行うような法事の場合には、準備についても寺院や葬儀店と相談すると良いでしょう。  
【このページのトップに戻る】
法事・法要の流れ
法事・法要の流れには決まりはありませんが、代表的な例をご紹介いたします。
項目  仏式の作法など
1.僧侶入場 仏壇の前に僧侶の席をしつらえておきます。
遺族は故人との血縁の濃い人が前の方に席をとります。仏壇中央の僧侶のすぐ後ろには施主が座ります。
僧侶が到着したら、仏壇前の正面中央に案内します。
2.施主の挨拶 [施主の挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。それではこれより○○○○(戒名)の○○回忌(○○日)の法要を始めさせて頂きます。
(僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。」
というように、ごく簡単に挨拶をします。
3.僧侶の読経  
4.焼香 施主から順番に、前の方に着席している人から焼香をしていきます。
5.法話  
6.僧侶退場 僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お斎)に同席して下さる場合には、この時点での退場はありません。お斎の後でお渡しします。

もし、僧侶がお斎での接待を辞退されたら、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。
お食事に同席される場合は、お布施、お車代の2つをお渡しします。
7.墓参り 墓地が遠い場合には省略されます。
8.施主の挨拶 施主の挨拶のあと、会食(御斎)になります。

【施主の挨拶の文例】
「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで母の一周忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。




4.法事後の食事の席「おとき」(お斎)について
法事が終わってからの食事の席をおとき(お斎)と呼びます。
席順は、僧侶を中心にし、仏壇に最も近い場所を僧侶の席とします。
お斎(おとき)が行なわれない場合には、挨拶の際にその旨を告げ、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。>>

各忌日法要、年忌法要については、このページの上の方で説明しています>>

すべての法事に関してお斎をする必要はありません。
お斎日程の一例
を下記にご紹介します。

 ・初七日(還骨法要と同時に行なう)
 ・二七日(になのか)〜六七日(むなのか)は、遺族のみで供養し、お斎なし。
 ・四十九日は、僧侶を呼んで法要、納骨、お斎を行なう
 ・百か日は遺族のみで供養し、お斎なし。
 ・初盆は僧侶を呼んで法要、お斎を行なう
 ・一周忌は、僧侶を呼んで法要、お斎を行なう
 ・年忌法要(三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十七回忌、三十三回忌)
    などの、主な時のみ僧侶を呼んで、法要、お斎を行なう


法事・法要の日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般 的です。

※はみだし知識……お斎の意味は?
  御斎の「斎」という字は仏教行事における斎食(=さいじき、と読む)からきています。斎食には、正午の食事や決まった時刻にとる食事という意味と、法要などの時の食事という両方の意味があります。ただし、御斎と書く場合には「おとき」と読みます。

【このページのトップに戻る】

お斎(おとき)
御斎全体の流れには決まりはありませんが、代表的な例をご紹介いたします。
項目 説明
1.施主の挨拶
(僧侶の読経が済んだら)
僧侶の読経が済んだら、施主はお礼を述べ、食事のご案内をします。

[施主の挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで母の一周忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。
粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。

[お斎を行なわない場合]
本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで父の三回忌の法要も無事終えることができ、父も安心していることと思います。これからも変わらぬ ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
本来であれば、このあとお膳でもご用意すべきところではございますが、都合により本日はこれにてお開きとさせて頂きます。恐縮ではございますが、折詰めなどを用意しておりますので、お持ち帰り下さいませ。本日はまことにありがとうございました。
2.会食 精進料理が正式な形ですが、だんだんこだわらなくなってきているようです。ホテルでの会食や、仕出しなどを依頼すると、精進料理ではない場合が増えています。

但し、おめでたい鯛や伊勢海老などは避けた方が良いと思います。予約の際に「法事で利用します」と告げ、献立の内容の確認をしておきましょう。


[お斎・会食の際の席順]
・会食は、故人を偲ぶだけでなく、集まって下さった方たちへのお礼の意味があります。席順は僧侶が最も上座になります。施主は僧侶をもてなすために僧侶の隣(もしくはそれに準ずる場所)になりますが、他の遺族は最も下座になります。
ホテルなど、外の会場で行う場合には、会場のセッティングや席順の案内も係の人がしてくれますが、自宅などで行う場合には失礼がないように頭に入れておきましょう。
3.引出物 会のお開きの頃が近付いて来たら、引出物をお客様のお膳の前においてゆきます。僧侶に最初に配ります。

人数が多い場合にはあらかじめ膳の横などにセッティングしておいても失礼にはあたりません。

ホテルやレストランなどで行なう場合には、準備を先方に任せる場合が多いため、予めセッティングして頂くか、会のお開きが近付いた頃に配布して頂くかを打ち合わせしておきましょう。
4.僧侶退場 読経の謝礼として僧侶にお布施、お車代の2つをお渡しします。
もし、接待を辞退された場合には、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。

・金額の目安をご紹介します(平成19年12月現在)
__御布施または御経料は、3万円程度。
__お車代は、5千円〜1万円くらい。
__御膳料は、5千円〜2万円くらい。

・お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。
半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。
直接手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けて差し出します。

[僧侶に御布施をお渡しするときの一言例]
本日は、お心のこもったおつとめをいただきましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。
5.お開き 最後に、施主が挨拶をします。

【施主挨拶の例文】
皆様、本日はお忙し中を最後までおつき合い下さいまして本当にありがとうございました。これにてお開きとさせて頂きたいと存じます。
どうかこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
本日はまことにありがとうございました。
 
【表紙のページに戻る】



 

リンクについてHome プライバシーポリシーサイトマップAbout Us
※このページは自由にご覧いただけるよう作成いたしましたが、マナーに関するご質問が予想以上に多数寄せられ、事務局として対応に追われております。
恐れ入りますが、当分の間、マナーに関する質問受付はお休みさせていただきます。
 
「くちコミくらぶ」知りたい講座 事務局
筑紫野市塔原東3-3-2
お問い合わせ先:e-mail>
(まことに恐れ入りますが迷惑メール対策のため、画像で表示しています。
お手数ですが、上記のスペルの通りにタイプして送信してください)


(c) 1995-2014 kuchikomi-club
YOURS All rights reserved.

無断転載を禁止します