告別式のページのロゴ

告別式のページ。葬儀と告別式は似たような意味で使われることが多いのですが、本来は異なる意味合いを持ちます。葬儀とは死者を弔う儀式のことをさし、故人の冥福を祈ったのち土葬・火葬などが行われます。これに対し、告別式とは、亡くなった人に最後のお別れをする儀式のことを言います。
このページでは告別式のマナーや、服装、香典、挨拶などについてご説明いたします。
………このページの内容………
1. 告別式とは
2. 葬儀から告別式への流れ
3. 告別式と香典
【表紙のページに戻る】

1.告別式とは

●告別式は、死者と最後のお別れをする儀式です。
葬儀と似たような意味合いで使われたり、混同されることが多いのですが、厳密にはこの2つは異なるものです。
葬儀とは死者を弔う儀式のことをさし、祈りを捧げたあと土葬・火葬などが行われます。これに対し、告別式とは、亡くなった人に最後のお別れをする儀式のことを言います。また、まれに退官式や離任式のことを告別式と言うこともあります。
【葬儀の費用のめやす】
葬儀と告別式は同じなの?

葬儀と告別式の違い
●葬儀は遺族が故人の冥福を祈り葬る儀式をさしますが、告別式は故人と親交があった人が死者に最後の別れを告げる儀式のことを言い、この2つは厳密には異なるものです。

●最近は告別式と葬儀を一緒に行う場合が多くなっており、葬儀のあとで、「故人の冥福や成仏を祈る儀式」と、故人と最後のお別れをする「告別式」の両方を続けてとり行うという構成になっています。
 例えば仏式であれば、僧侶による読経を中心とし、故人の成仏を祈る葬式に続いて、故人と生前おつき合いがあった人が故人に最後のお別れをする告別式を行うという流れです。

●最近では葬儀を密葬で行い、お別れの会や告別式だけが別の日に行われることもあります。葬儀だけを近親者だけで済ませて別途告別式を催す際には告別式を「お別れの会」などと呼んで区別したり、日を改めて行ったりします。

※葬儀と葬式…事務局では葬儀と葬式はほぼ同じ意味であると考えます。
仏式では僧侶により成仏を祈る儀式として行われるのが葬儀。葬儀の儀式のことを葬式とも呼びます、そのあと、故人と親しかった人が別れを告げる儀式が告別式です。そのため葬儀葬式に続いて告別式が行われるのが一般的です。
 
告別式の服装は?
●告別式の服装は、基本的には葬儀の服装に準じます。通夜のように「予期せぬ訃報に、取るものもとりあえず駆けつけた」という場合には許される服装も、告別式では失礼にあたります。マナー違反とならないように注意しましょう。
喪服での出席が基本となります。光るもの、派手なものは小物であってもNGです。

※参考ページ「葬儀・葬式の服装」>>>
通夜、葬儀、告別式、すべてに参列するの?
[親族・親戚]
●故人と同居の親族は喪主と共に通夜、葬儀、告別式をとりおこないます。
 一般的には、親族.親戚は通夜から葬儀、告別式へとすべてに出席します。
 但し、ふだんから全く付き合いのない親戚や、遠戚 の場合であれば告別式だけに出席すれば良いでしょう。

[会社関係・職場]
●故人と親しい場合、あるいは特に世話になった場合、あるいは故人の直属の上司は、通夜、葬儀、告別式に出席します。
●故人の勤務先の代表者は、可能なら通夜と告別式の両方に出席します。
●上記以外の会社関係者は、告別式にのみ出席するか、あるいは代表者名で弔電を送ったり、連名で香典を出し、代表者のみ告別式に参列したりします。
その他の参考情報
●告別式の費用は?…葬儀の費用のページに掲載。地域による格差が大きいことが知られています。
葬儀一式と、寺院への費用、飲食接待費をすべて合計したお葬式に関わる総費用の全国平均は約240万円弱です。>>

●友引と告別式…暦が友引の日には葬儀・告別式は行わないというのが一般 的です。通夜は友引きでも行われます。

2.葬儀から告別式への流れ

●以前は地方の葬儀では、葬儀とは別に墓地で告別式が行われることもあったようですが、最近では大半の場合、葬儀に引き続いて告別式が行われます。
遺族は、全体の流れを頭に入れて、葬儀社および寺などの手配をする必要があります。
お通夜、葬儀、告別式のそれぞれについて、日程や時間および場所をどこにするかを決めなくてはなりません。
【葬儀の費用のめやす】  【このページのトップに戻る】
1. 遺族で相談をする(死亡してからの流れについては一部省略しています)
1)まずは喪主を決めます。
一般的には配偶者、または長男などが執り行います。

2)病院で亡くなった場合には、遺体の搬送先を決めます。

3)葬儀社を決めます。

4) お通夜や葬儀の日程は 葬儀社や寺と相談してから最終的に決めることになります。
下記は 遺族で相談して決めましょう。
項目 決めなくてはいけないこと
喪主
  ●故人と最も縁が深い人がつとめる。
一般的には配偶者が喪主をつとめる。配偶者が高齢の場合は長男など。戦前は配偶者ではなく長男が多かった。長女でも構わない。遺族で相談して決める。
通夜を行なう日と場所の希望を話し合う
  ●自宅、葬祭場、お寺、ホテルなど
葬儀を行なう日と場所の希望を話合う
  ●自宅、葬祭場、お寺、ホテルなど
告別式
  ●葬儀に続いて告別式を同じ日に同じ場所で行うかどうかを決める。
遺体の搬送先
  ●病院から遺体を搬送する先はどこにするか?自宅、斎場など
葬儀の依頼先
  ●葬儀社に依頼する場合は、どの葬儀社にするかを決める。葬儀を斎場で行なう場合は、斎場を保有する葬儀社に依頼する。
寺への連絡
  ●菩提寺または、近くにある菩提寺と同じ宗派の寺。菩提寺がわからない場合は葬儀社に依頼すればすべて手配をしてくれる。
遺影
  ●故人の人柄が伝わるような写 真、ピントが合った写真を選ぶ。葬儀社に依頼して背景や服装は画像処理をしてもらうことができる。
予算
  ●香典収入を概算し、予算をたてる
その他
  ●葬儀社に見積を取り、相談に乗ってもらう 【葬儀の費用のめやす】
2. 寺に連絡をする
 …寺に電話をする。
故人の名前、死亡時間、享年、生年月日などを伝え、まずは枕経を依頼する。
 ・枕経の依頼→時間を決める
 ・枕経に来て頂いた際に、お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せをする。

(宗派を告げ、葬儀社に寺を紹介してもらう場合もある。葬儀社に頼むと、葬儀の日程なども寺と段取り打ち合わせをしてくれる。)

 …枕経に備え、数珠を用意しておく。
3. 枕経および、通夜、葬儀、告別式、初七日の打ち合わせ
 …僧侶により枕経をあげて頂く。遺族は地味な平服で構わない。数珠を用意する。
 …お通夜、葬儀、告別式、初七日の法要の打合せをする。
 (それぞれの日程と、その後の会食にも出ていただけるかどうかの確認。
   火葬場に行っていただけるかどうかの確認をする。)
 …戒名について、打合せをする。
 (戒名について特に希望があれば伝える。 お布施の目安と戒名の関係へ>>

※お通夜および葬儀日程について
 …暦が「友引」の日は葬儀を行なわない。葬儀日程などは寺、斎場、火葬場などの空きを確認し、調整する必要があるので葬儀社に段取りをお願いするケースが多い。
4. 納棺(遺体を棺におさめる)
 …遺体を浄め死装束をつける。棺におさめる
  棺におさめる時は手順等について葬儀社の人にアドバイスをもらうと良い。
  (遺族で行う場合も、葬儀社の方でしてくれる場合もある)
  お棺に一緒に入れたいものがあれば棺におさめる。
5. 故人の友人、知人、職場、学校など、連絡先をピックアップする
 …故人のおつき合いを考え、どの範囲まで訃報を連絡をするのかを決める。
 …故人から生前にあらかじめ住所録などを渡されていない場合には、故人と年賀状のやり取りをしていた方や、手帳の住所録などを参考にする。

※ 故人が若かった場合には、所属していた職場や学校に連絡することになります
6. 友人、知人、職場、学校、ご近所などに、通夜と葬儀日程の連絡をする
 …葬儀の場所と日程が決定してから連絡する。
 …弔辞をお願いしたい方には依頼をする。
 …葬儀の役割分担を決める
  受付係、接待係、駐車場係など
7. 喪服の用意をする
 …通夜、葬式、葬儀の服装へ>>
8. 供花、供物、宿泊先の手配
 …御供えする供物、供花の手配をする。葬儀社に依頼しても構わない。
 …遠方から来る親族や故人の友人などがいれば、宿泊先も確保しておく。
9. お通夜・通夜に備えて各準備をする
 …詳細は、葬儀の流れのページへ>>>
10. 通夜 →通夜のページへ>>
[通夜のながれ]
  受付準備(弔問客を受け入れる準備をします) 
→ 受付開始 
→ 着席 
→ 僧侶到着・入場 
→ 開式 
→ 読経  
→ 僧侶退場 
→ 閉式 
→ 通夜ぶるまい 
→ 夜とぎ

 …親族は交替で、通夜の一晩中線香の火を絶やさぬようにします。
11. 葬儀の準備
 …お供え物、弔電、お布施、心づけの確認
 …生花・花環の配置順の確認
 …弔電の順番の確認
 …葬儀社との打合せ
 …各自の役割の確認
 …受付の準備(会葬礼状、香典受け、記帳準備、清め塩、会葬御礼品)
12. 葬儀・葬式、および告別式 → 参考>>葬儀・葬式のページへ
●最近は告別式と葬儀を一緒に行う場合が多くなっています。

右の例では葬儀のあとで、
「故人の冥福や成仏を祈る儀式」と、故人と最後のお別れをする「告別式」の両方を続けてとり行うという構成になっています。

 例えば仏式であれば、僧侶による読経を中心とし、故人の成仏を祈る葬式に続いて、故人と生前おつき合いがあった人が故人に最後のお別れをする告別式を行うという流れです。

●葬儀・告別式の時間は、葬儀と同時に告別式まで行うかどうか、および、地域や宗教によって異なりますが、約1時間〜3時間程度です。

●葬儀だけを近親者だけで済ませて別途告別式を催すこともあります。こうした場合には告別式を「お別れの会」などと呼んで区別したり、日を改めて行ったりします。

【葬儀に続いて告別式を行う場合の進行表】

項目 説明
葬儀開始の前
僧侶に挨拶 ●僧侶への挨拶と接待をします。
来賓に挨拶 ●来賓のお迎えと接待をします。
葬儀 時間
受付開始 ●弔問客の受付を開始する。弔問客は記帳し、会場に入る。 の約30分前
着席 ●遺族および会葬者は、着席して待つ
開式 ●司会者による開式宣言
僧侶入場 ●僧侶が入場し、着席します。
読経 ●僧侶による読経と引導渡しが行われます。

※「引導」とは、仏教で用いられる言葉で、悟りの道に入るように法語を唱えることを言います。また、死者に対して迷いを断ち悟りを開くように説くことを引導を渡すと言います。
弔辞奉読 ●故人と特にかかわりの深かった人が弔辞を読みます。1〜3人
弔辞の文例とマナーへ>>
弔電奉読 ●司会者が弔電を読み上げます1〜3通。
お悔やみ電報・弔電の文例と手配>> 
遺族・親族の焼香 ●喪主を先頭に、遺族、親族が焼香します。
閉式 ●司会者による閉式宣言

●僧侶退場
告別式
開式 ●司会者による開式宣言

●遺族は、出席者の方に会葬をして頂いたお礼のおじぎができるように向きを変えておきます。
僧侶入場 ●僧侶が入場し、着席します。
読経 ●僧侶による読経が行われます。
会葬者の焼香 ●会葬者が焼香します。
僧侶退場 ●僧侶が退場します。出席者は起立し、軽く礼をした状態で退場を見送ります。
喪主の挨拶 ●遺族を代表して喪主が挨拶を述べます。
喪主の挨拶とマナーへ>>
閉式 ●司会者による閉式宣言
13. 故人との最後のお別れと出棺
 …喪主から順番に、遺族が棺に生花を入れ合掌。
 …棺に蓋をし、喪主から順番に、棺に釘打ちをする。
 …11.の打合せの通り、位牌、遺影、遺骨の箱、棺の順で霊柩車に向かう。
 …喪主が挨拶をする。 …喪主挨拶の文例とマナーへ>>
 …火葬場へ同行する人は所定の車に分乗する。
14. 火葬場
「火葬許可証」は葬儀業者に渡します。(なお、「埋葬許可証」はここでは使用しません。寺社や墓地管理者などに渡します。公営墓地の場合は市町村への届け出も必要です。 )
棺を火葬炉前に運び、読経ののち焼香。火葬。
 …焼香後、棺を炉に納め係員が点火。
 …遺体がお骨になるまで(係員からの指示があるまで)控え室で待つ。
 …火葬場から自宅または斎場に戻った遺族は入口で塩と水で身を浄めて入場。
15. 還骨法要・還骨勤行 法事のページへ>>
 …火葬後、自宅や斎場に戻ってから行なう儀式を還骨法要、または還骨勤行 (かんこつほうよう・かんこつごんぎょう)と言う。
僧侶による読経ののち、 焼香をする。

 …最近は、この席を「初七日」の繰り上げ法要と合わせて行なう場合がほとんどです。
  法要・法事のページへ>>

 …喪主が参列者に精進おとし(喪主による接待)の案内をする。
16. 精進おとし
 …僧侶を主賓とし、来賓、親族を接待する儀式。
 …喪主が御礼の挨拶をし、会食をする。接待は遺族が行なう。会食中に引出物を配布する。
 …僧侶がお帰りになる際に別紙でお布施をお渡しする。
 …遺族が会食終了の挨拶をしてお開きとする。
17. 片付け、事務引継ぎ
 …遺族は受付係から会葬者名簿、香典などの引き継ぎを受ける。
 …供物、名刺、弔電など。
 …会場の片づけをする。
18. 御礼(挨拶まわりと、お礼状)
 …駐車場をお借りした方、手伝ってくれた近所の方、お寺、病院、故人の勤務先などに遅くとも初七日までに挨拶を済ませる。
  御菓子などを持参するときもあるが、遠隔地の場合は電話でも良い。
  礼状や挨拶状で謝意を示す場合もある。 礼状のページへ>>
19. 死亡通知  
 …故人の友人で葬儀を知らせなかった方や遠隔地の方などに。
  死亡通知の書き方と例文>>
20. 初七日
 …26の、還骨法要と同時に済ませる場合が多い。
   法事・法要のページへ>>
21. 香典返し
 …亡くなった日から数えて四十九日目(三十五日で行なう地域もあり)の頃に行なう。
  香典返しの目安は、いただいた香典の1/2〜1/3くらい。
  通常は葬儀当日にお返しをするが、葬儀の当日にお返しをしてあっても、頂いた香典の金額が多い場合は後日またお返しをすることがある。  お返しのページへ>>

3.告別式と香典

●訃報を受けたら通夜あるいは葬儀、告別式に伺いますが、その時には喪家の宗派に合わせた香典袋を持参するのがマナーです。
知らせを受けたら、通夜、葬儀、告別式の場所と時間を確認するだけでなく、宗派も忘れずに確認しましょう。

●通夜、葬儀、告別式に参列できない場合には、弔電を打ちます。
 ※弔電の打ち方と料金へ>>>
【葬儀の費用のめやす】  【このページのトップに戻る】
宗教が わからないとき
香典の書き方とポイント

御霊前

●香典は、通夜または葬儀(告別式)のいずれかに持参します。

●先方の宗教に合わせて香典袋の表書きを書きます。先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使え、通夜でも葬儀でも使える表書きは「御霊前」です。

【香典袋の書き方】
●市販の不祝儀袋に薄墨で表書きを書きます。おつき合い上、今後また使うこともあるかと思いますし、薄墨専用の筆ペンが市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。

◎上記見本画像は「ご霊前」の記載例です。水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。

◎下段には、会葬者のフルネームを書きます。
 
備考
●不祝儀袋に入れるお金は新札は使わないという習慣が古くからあります。
現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいますので旧習に従ったほうが無難でしょう。
新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。


●香典(御霊前その他)の熨斗袋の包み方、お金の入れ方やお金の包み方、中包みの漢数字での金額の書き方は、こちらののし袋のページで、画像入りで詳しく説明しています。
【香典のお金の入れ方】
宗教ごとに異なる香典袋、お香典の書き方
仏式
「御霊前」「御香典」「御香料」、まれに「ご香料」 ◎蓮の花の絵が描かれた熨斗袋は仏式用です。

※「御佛前」「御仏前」「ご仏前」という香典表書きは、一般 的には四十九日の法要以後に使います。
キリスト教式
「御霊前」「御花料」 ◎ユリの花、十字架などの絵が描かれた熨斗袋はキリスト教式用です。
神式
「御霊前」「御玉串料」「御榊料」 ◎無地の熨斗袋に白黒または双銀の水引きのものなどを用います。

◎玉串料と玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法について詳しく説明しています>>>
香典の渡し方のマナー
ポイント
●受付でお悔やみの言葉を述べ、記帳するときに香典もわたします。香典の渡し方のマナーを下記にご紹介します。

●受け付けでのお悔やみの言葉の例と香典の渡し方
1)受付で「このたびはご愁傷様でございます」とお悔やみを述べます。
2)受付係が「お忙しいところご会葬頂き恐れ入ります。こちらに記帳をお願いします」などと言いますので、まずは記帳をします。
3)記帳を済ませたらふくさから香典を取り出し、先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めて「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えて香典を渡します。香典は必ず両手で差し出します。一礼して受付の前を去ります。


●場合によっては、記帳と香典を渡す順序が前後します。
1)受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびは御愁傷様です」といって受付係に手渡します。香典は必ず両手で差し出します。
2)受付係から「御丁寧に恐れ入ります。こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。
3)記帳を済ませたら一礼して受付を去ります。
備考
◎どうしても都合がつかず香典を郵送する場合は、弔電を打ち不祝儀袋ごと現金書留封筒に入れ、手紙を添えて喪主あてに送ります。
※弔電の文例はこちらで紹介しています。【弔電の例文】

◎香典のお返しは四十九日の法要が済んでから半返しを目安に御礼状をそえて。
【お返し】参照
【お香典返し】参照
【表紙のページに戻る】
 
★まだ間に合う!
届け先の近くの
お花屋さんが
直接手渡しでお届け

当日配達もOK!