※間もなく下記が表示されます。(パソコン環境によりましては)恐れ入りますが少しだけお待ち下さい。
TOP
季節の挨拶/季節の言葉
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

↓ 
姉妹ページへ 
手紙のマナー
時候の挨拶,季節の言葉
季節の手紙と書く時期
はがきの表書き宛名書き
はがきで出すお礼状
封筒の書き方
依頼の手紙
苦情の手紙
年賀状書き方文例ビジネス
年賀状書き方文例 個人
年賀状のマナー
内定先への年賀状
暑中見舞い時期とマナー
暑中見舞い書き方と文例
残暑見舞い時期とマナー
残暑見舞い書き方と文例
寒中見舞い書き方と文例
頭語,結語(拝啓,敬具…)
国際郵便の宛名の書き方
郵便切手・料金
[お礼状]
会社訪問のお礼状
インターンシップお礼状
面接のお礼状
実習のお礼状
採用内定のお礼状
結婚祝いのお礼状
出産祝いのお礼状
入学祝いのお礼状
就職祝いのお礼状
お中元のお礼状
お歳暮のお礼状
[挨拶状]
事務所移転の挨拶状
事務所閉鎖・閉店
社名変更の挨拶状
定年退職退職の挨拶状
転勤異動の挨拶状
引越しの挨拶状
年末年始の挨拶状
[通知状]
採用通知・内定通知
メッセージカード文例
クリスマス


2月の季節の挨拶のページ。季節の言葉/季節の挨拶の言葉とは、手紙やはがきの書き出しや、メールの冒頭に使われる時候の挨拶をさし、ビジネス文書の冒頭などにも用います。二月の季節の言葉の例・文例集(上旬・中旬・下旬)を掲載します。
 
 
■ このページの内容

1.「二月」の時期について(旧暦と新暦)

2.二月の時候の挨拶/季節の挨拶の文例・例文

1.「二月」の時期について(旧暦と新暦)

 現在、日本では新暦(グレゴリオ暦)が使われていますが、季節の挨拶には、旧暦から来るものや二十四節気から来るものがあります。
 ここでは、現在の2月が旧暦のいつにあたるのか、また二十四節気ではどれが2月に該当するのかについて説明します。

(1)2月とはどんな季節?
・二十四節気では
(※二十四節気をすべて見る>>
立春(りっしゅん)…二十四節気のひとつ。現在の2月4日頃のこと(※その年によって異なる)。
この頃から春が始まるとされる。
雨水(うすい)…二十四節気のひとつ。現在の2月19日頃のこと(※その年によって異なる)。
この頃から水がぬるみ草木の芽が出始めるとされる。
・旧暦では 新暦2012年の2月1日は…旧暦では1月1日頃となる。
新暦2012年の2月22日が、旧暦では2月1日
新暦2013年の2月1日は…旧暦では前年の12月21日頃となる。
新暦2013年の3月12日が、旧暦では2月1日
新暦2014年の2月1日は…旧暦では1月2日頃となる。
新暦2014年の3月1日が、旧暦では2月1日
(2)2月にまつわる言葉

如月(きさらぎ)…陰暦の2月のこと。じょげつとも言う。

仲春(ちゅうしゅん)…陰暦の2月の異称。春の3ケ月の真ん中の月という意味。
節分(せつぶん)…2月3日頃のこと。立春の前日をさし、季節の変わり目という意味から来ている言葉なので、厳密には立夏や立秋、立冬の前日も節分であるが、2月のみ風習として残っている。この日に邪気(鬼)を祓うため豆まきをする。
 
 

2.二月の時候の挨拶/季節の挨拶の文例・例文

・それでは、手紙やはがきをはじめメール、ビジネス文書などに使える季節の挨拶/時候の挨拶を紹介します。
 年によって暑さ寒さなどの気候が異なります。寒さの厳しい2月もあれば、比較的過ごしやすい2月もあります。その時の季節感、実際の感覚に応じて季節の挨拶を使い分けて下さい。

2月を表わす言葉 解説 挨拶文の書き方文例・例文
・立春 ・2月4日頃をさします。立春は、二十四節気のひとつ。
この日から春になることを意味します。
[個人あて文例]
・暦の上では春となりました。本格的な春が待たれるこの頃です。

・立春の空のもと、毎日の散歩にも陽射しの変化を感じる頃となりました。

[ビジネス文書では]
・立春の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
・春とは名ばかり ・立春と言えば暦の上では春なのに、まだ寒いことを表わします。

・2月4日頃を過ぎてから用います。
[2月4日以降の2月上・中・下旬]

[個人あて文例]

・春とは名ばかりの厳しい寒さが続いています。
・余寒 ・2月4日の立春(この日から春とされる)を過ぎてもまだ寒い時に使います。 [個人あて文例]
・余寒の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・余寒の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
2月を表わす言葉 解説 挨拶文の書き方文例・例文
・春寒 ・春になってもなお寒いことをさします。 ・拝啓 春寒の候 いかがお過ごしでしょうか。
・節分 ・2月3日頃をさします。 ・節分を過ぎ、梅の開花が待たれる頃となりました。
・梅花
・梅香る
・梅
・2月を象徴する花として梅の花が用いられます。

・梅のつぼみもようやくほころび、春の気配が感じられる頃となりました。

・各地で梅の便りが聞かれる頃となりました。いかがお過ごしでしょうか。

[個人あて文例]
・梅香る季節となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・梅花の候 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 
 
二月を表わす言葉 解説 挨拶文の書き方文例・例文
・向春 ・春に向かう季節をさします。 ・拝啓 向春の候 皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
・早春 ・春の始まりの頃をさします。 [2月4日以降の上旬・中旬・下旬]
[個人あて文例]

・頬にあたる風に早春の気配を感じる頃となりました。

・早春の凛とした空気が木々を包んでいます。

[ビジネス文書では]

・早春の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・雨水 ・2月19日頃をさします。

[2月下旬に]
・雨水を過ぎ、当地の梅も見頃を迎えています。


・雨水を過ぎても今年の寒さはひときわ厳しいようです。





リンクについてAbout UsHomeプライバシーポリシーサイトマップ
※このページは自由にご覧いただけるよう作成いたしましたが、マナーや知識に関するご質問が予想以上に多数寄せられ、事務局として対応に追われております。
恐れ入りますが、当分の間、マナーに関する質問受付はお休みさせていただきます。

このサイトの運営者:くちコミくらぶ知りたい講座事務局

問い合わせ先>> manner
(まことに恐れ入りますが迷惑メール対策のため、画像で表示しています。
お手数ですが、上記のスペルの通りにタイプして送信してください。 )



(c) 1995-2014 kuchikomi-club
YOURS All rights reserved.

無断転載を禁止します