香典の金額の書き方》中袋なし・中袋あり・香典袋の裏の金額

香典の金額の書き方のページ。市販の香典袋には中袋・中包みがついており、香典を包む時にはその金額を香典袋の中袋の表側に大字・旧字体で縦書きします。ここでは香典の金額を書く時に使う漢字一覧(大字=だいじ、旧字)と、中袋ありの場合と中袋なしの場合の金額の書き方や裏側・裏面の書き方、横書きの場合の書き方、香典のお金の入れ方について解説します。
[関連ページ]
※ 香典の三千円、五千円、一万円、二万円、三万円、五万円、十万円の書き方
[参考ページ]
※ 香典の書き方>>>
※ 香典袋の種類>>>
※ 香典の金額 相場>>>
※ 香典の金額 相場(祖父・祖母)>>>
※ 香典の金額 相場(兄弟姉妹、兄弟姉妹の義父義母)>>>
※ 香典の金額 相場(親戚、甥姪、嫁の祖母・祖父)>>>
※ 香典の金額 相場(おじおば、伯父,叔父,伯母,叔母)>>>
※ 香典の金額 相場(いとこ,いとこの配偶者,いとこの子)>>>
※ 香典の金額 相場(友人)>>>
※ 香典の金額 相場(友人の親)>>>
※ 香典の金額 相場(上司、同僚、部下本人、その親・祖父母)>>>
※香典の金額 相場(親)>>>
※ 香典の金額 相場(嫁の親、妻の親、夫の親、嫁や夫の祖父母)>>>
香典返し(ご香典のお礼とお返し)>>>
※ 香典返しを辞退したいとき>>>
※ 職場、会社の香典返し>>>

1.香典の金額の書き方(香典金額の漢字一覧 大字、旧字の書き方)

通夜・葬儀の際、香典は受付に出します。市販の市販の香典袋には中袋・中包みがついており、紙幣・お札を直接包むのではなく、お札は中袋に入れてから外包みでつつみ、水引をかけます。
葬儀が終わると、遺族または会計係が香典の外包みをはずして中袋を出し、香典を集計される事が多いため、バラバラになっても参列者の氏名と金額がすぐにわかるように、中袋の表側に金額、裏側に住所氏名を書きます。住所は遺族が礼状を出す際に配慮するものです。
【香典の相場のページへ】 【このページのトップに戻る】
  

香典の金額の書き方 漢字一覧

アラビア数字漢数字
普通の漢字大字・旧字
1壱★(壹)
2弐★(貳、貮)
3参★(參)
5五★伍★
10拾★(什)
100百★(陌、佰)
1,000仟★(阡)
10,000万★萬★
 円★圓★
 ★はおすすめの書き方

2.香典袋の書き方 中袋なし・中袋がない時の金額の書き方

香典袋に水引きが印刷されているタイプの香典袋・のし袋があります。
こうした香典袋には、中袋が無いときがあります。そんなときは香典袋の裏側に直接住所と金額を書きます。
なお、香典袋は中に包んだ香典の金額にふさわしいものを用いるのがマナーで、水引が印刷されたタイプののし袋は金額が多い場合には不向きです。

香典袋の書き方 中袋がない・中袋なしの時の金額の書き方・お金の入れ方

中袋がない時

金額は裏側に書く
中袋がない、水引きが印刷されたタイプののし袋では、裏面に住所と金額を書きます。
ここでご紹介している見本画像は通夜・葬儀を想定しているため、表書きは御霊前で、裏面・裏側に住所も書いています(このときに使う墨は薄墨)。
法事・法要の場合には法要をとり行う日時の案内をもらった人だけが参列するため、すでに住所は遺族がご存じという前提で、住所は書きません(なお、法事・法要の場合には、四十九日を過ぎると表書きは御仏前が一般的。墨は濃い墨を用います)。
中袋がないときのお金の入れ方
中袋がない時には通常は直接現金を入れます。
(水引を印刷したタイプののし袋は中に入れる金額が多い時にはあまり用いませんので、直接現金を包みます。また、郵送時には現金書留用封筒に入れる際に水引が邪魔にならないためこのタイプを使うことがあります。ごくまれに中包みを自作することもあります。)

のし袋 金封タイプの裏面

[はみだし情報 金封と 金封用中袋]
最近では「金封用の中袋」が市販されています。金封タイプののし袋に包んで使うものです。ちなみに金封タイプとは、裏面から見ると左の画像のようになっているタイプです。
この中に現金を入れた中袋を包んで使うため、のし袋(香典袋)で現金を直接包むことはありません。
裏側から見てこの見本のようになっているのが、金封タイプののし袋です。
(多当折り(たとうおり)とも言われます。畳紙(たたみがみ・別名たとうし)を折る折り方です)
【このページのトップに戻る】

3.横書きの金額スペースが印刷されている場合は?

香典袋(不祝儀用のし袋)の裏面に、横書きの金額欄が印刷されているものがあります。

横書きの金額欄の書き方

香典金額横書き

見本画像のように、香典袋(不祝儀用のし袋)の裏側に横書きの金額欄がある場合には、算用数字・アラビア数字で金額を書いても構いません。どうしても気になる場合には漢字で書いても良いでしょう。

………さらに詳しく………

※ 三千円、五千円、一万円、二万円、三万円、五万円、十万円の書き方
[参考ページ]
※ 香典の書き方>>>
※ 香典袋の種類>>>
※ 香典の金額 相場>>>
※ 香典の金額 相場(祖父・祖母)>>>
※ 香典の金額 相場(兄弟姉妹、兄弟姉妹の義父義母)>>>
※ 香典の金額 相場(友人)>>>
※ 香典の金額 相場(友人の親)>>>
※ 香典の金額 相場(上司、同僚、部下本人、その親・祖父母)>>>
香典返し(ご香典のお礼とお返し)>>>
※ 香典返しを辞退したいとき>>>
※ 職場、会社の香典返し>>>