香典返し 会社のページのロゴ

会社の香典返しのページ。職場・会社関係への香典返しは、必要なの?
香典を会社から頂いた場合には福利厚生費(経費扱い)の場合も多くお返し不要とされます。ただし社長・上司個人から香典を頂いた場合や職場同僚・有志から連名で香典を頂いた場合には香典返しが必要です。ここでは会社関係の個人や有志・連名で頂いた香典の香典返しを解説します。
………このページの内容………
1. 香典返し 会社や会社の上司へのお返しは必要?
2. 香典返し 会社同僚・連名・有志からの香典のお返しは必要?
3. 香典返し 会社関係へ 金額は?何を?返し方は?
[参考情報]
※香典返しに添えるお礼状は>>>
※香典返しののしは>>>
※香典返しのお礼は必要?>>>
※香典返しを辞退したいとき>>>
※香典の金額 相場>>>
※香典の金額 相場(祖父・祖母)>>>
※香典の金額 相場(兄弟姉妹、兄弟姉妹の義父義母)>>>
※香典の金額 相場(友人)>>>
※香典の金額 相場(友人の親)>>>

1.香典返し 会社や会社の上司へのお返しは必要?

香典返しは通夜や葬儀の際に頂いた香典のお返しの品です。通常は香典やお供物、供花などを頂いた相手にお返しをしますが、会社関係から香典を頂いた場合、お返しはするのでしょうか?
頂いた香典のお返しはどうする?

香典を頂いた相手別に香典返しを考えてみましょう。

【個人から香典を頂いた場合は?】

・故人及び遺族の友人、知人、親族からの香典など、個人から香典を頂いた場合には香典返しをします。金額は頂いた香典の半分〜1/3程度です。
※個人から頂いた香典へのお返し「香典返し」>>>



【会社から香典を頂いた場合は?】
・香典を会社から頂いた場合には福利厚生費(経費扱い)の場合が多く、お返し不要とされます。
ただし社長個人から香典を頂いた場合には個人として香典返しをします。金額は頂いた香典の半分〜1/3程度です。

※個人から頂いた香典へのお返し「香典返し」>>>

【ヒント】会社からの香典も社長名で出されるケースが多いため、「会社からのものか社長個人からのものなのかがわからない」という場合があります。こんな時には総務部(総務課、総務担当など名称はさまざま)に問い合わせましょう。氏名、部署名を伝え、担当者に尋ねます。例えば「香典のお返しをしたいが会社からのものなのかどうか確認をしたい」など。担当者側は業務で行っていることなので、こうした問い合わせへの対応にも慣れています。率直に尋ねることをおすすめします。



【職場・会社の上司、同僚から香典を頂いた場合は?】
・会社の上司、同僚から、個人として香典を頂いた場合には香典返しをします。金額は頂いた香典の半分〜1/3程度です。

※個人から頂いた香典へのお返し「香典返し」>>>


・会社の同僚などから、部署名・有志・連名などの形で香典を頂いた場合には、例えばその部署みんなで小分けできる菓子などをお返しします。
詳細はこのページの項2で>>
 
【このページのトップに戻る】

2.香典返し 会社同僚・連名,有志からの香典のお返しは必要?

個人から香典を頂いた場合には、通常のとおりに香典返しを行います。
連名や有志から頂いた香典の場合のお返しは以下のようにします。
会社・職場からの香典 連名の場合の香典返しはどうする?

頂いた香典の金額から、一人あたりの香典返しを考えてみましょう。

【少額ずつ出し合って連名で香典を頂いた場合は?】

・職場の同僚が、少額ずつ出し合って香典を包んで下さった場合には、職場で小分けできる菓子や、ハンカチ・ハンドタオルなどをお返しします。

・同じ職場でも、有志だけが少額ずつ出し合って香典を出す場合があります(つまり出した人と出してない人がいる場合)。そのような場合のお返しは、香典を出して下さった相手に少額の実用品をお返しします。
具体的な商品アイディアはこのページの項目3へ>>

【連名で香典を頂いた場合は?】
・頂いた香典を人数で割り、その金額の半返し(1/2〜1/3程度のお返し)をします。
  

【このページのトップに戻る】

3. 香典返し 会社関係へ 金額は?何を?返し方は?

会社関係の香典返しについて、金額やお返しの品、お返しのしかたについて解説します。
会社関係の香典返し お返しのしかた

個人から頂いた香典のお返しは、会社関係の人であっても、他の友人や親族あての香典返しと同様にします。下記は少額ずつ出し合ったり、有志や連名などの形で香典を頂いた場合のお返しです。

Q1. 会社(職場の部署など)で少額ずつ出し合って香典を頂いた場合のお返しは

A1. 葬儀が一段落して出社する際に、菓子折りなどを持参します。

▼時期は…おすすめは葬儀が終わり出社する日です。
▼金額は…頂いた香典の半額程度を目安にします。(場合によっては赤字となります)
▼品物は…職場で配れる菓子がおすすめです。菓子は小分けできるものがよいですし、予算に余裕があれば個別包装のものが更に良いでしょう。
▼返し方は…「色々とお心遣いを頂きありがとうございました。些少ですが皆さんでお召し上がり下さい」と一言添えます。お礼の言葉を添えられない場合には付箋を付けるのもおすすめです。
 職場によっては、「昼休みに自分で配る」「勤務時間が終わってすぐ配る」「早めに出社してデスクに配る」などの配慮をして下さい。


Q2. 会社(職場の部署など)で連名で香典を頂いた場合のお返しは
A2. 葬儀が一段落して出社する際に、お礼・お返しの品を持参します。

▼時期は…おすすめは葬儀が終わり出社する日です。品物を用意するのが難しかった場合には、まずは直接本人にお礼の言葉を伝え、後日お返しの品をお渡しします。
▼金額は…頂いた香典の半額程度を目安にします。
▼品物は…個別包装の菓子、ハンカチ、ハンドタオル、高級ギフト用ティッシュ、お茶など。のしをかける場合には、黒白結び切りののしに、表書きは「志」とします。墨は薄墨を用います。
▼返し方は…「色々とお心遣いを頂きありがとうございました。おかげさまで無事に◯◯の葬儀を終えることができました」と一言添えます。お礼の言葉を添えられない場合には付箋を付けるのもおすすめです。
 職場によっては、「昼休みに自分で配る」「勤務時間が終わってすぐ配る」「早めに出社してデスクに配る」などの配慮をして下さい。

会社関係の香典返し お返しのしかた(つづき)
香典を頂かなかった場合でも、通夜〜葬儀まで長くお休みをしたことで、少なからず会社や職場の同僚にご迷惑をおかけしたことになります。
「お詫びとお礼の気持ち」をこめて、休み明けの出勤日に菓子折りなどを(喪家の近くの土産菓子でもOK)を持参すると良いでしょう。できれば小分けできるものがおすすめです。
参考ページ
※香典返しに添えるお礼状は>>>
【冠婚葬祭マナーの表紙のページに戻る】