御霊前》御香典/書き方/ご仏前/ご霊前/御佛前/お札の向き入れ方/金額相場

通夜や葬儀、告別式(葬式)に香典を持参する際には、喪主・喪家の宗教に合わせて不祝儀用の熨斗袋の表書きを書くのが正式なマナーです。
ただし、「御霊前」という表書きは宗教を問わず、比較的どの宗教にも使えるため、突然の通夜や葬儀で喪主・喪家の宗教がわからない場合にも用いることができます。
このページでは御霊前の常識とマナーについてご紹介します。
※なお御霊前と御仏前は使用シーンが異なります。御仏前はこちらのぺーじで解説しています。>>>

[関連ページ]
1. 香典と御霊前について 前のページへ
2. 死亡の連絡がきたら 前のページへ
3. 御霊前を持参する時のマナー(香典を贈るときの注意点) 前のページへ
[参考ページ]
通夜
告別式
葬式と葬儀で世話になった人へのお礼
香典の相場は?
香典の金額
香典マナー(書き方ほか)
香典返し(ご香典のお礼とお返し)
のし袋・熨斗
お金(不祝儀の相場)
神道の場合の玉串料

4.供物・供花(お供え物)を贈る

霊前にお供えする果物やお花などを「供物」「供花」といいます。
「供物」としては線香、ろうそく、果物、お菓子など。
「供花」は生花、花輪などがあります。
 ふつう、花輪は会社や団体などが贈るものです。個人で花を贈るときは生花を贈ります。
こうしたお供物にも、宗教によってそれぞれ決まりがありますのでご紹介します。
【供物・供花の相場…お金のページへ】【このページのトップに戻る】

供物を贈る

ポイント備考
●仏教では故人が好んだ食べ物「果実」「菓子」を贈るほか、「線香」「ろうそく」を供物として贈ることができます。「肉」「魚」などの生ものはNGです。
●神式でも使える供物は「果実」「菓子」「酒」など。「食べ物」は全般的にOKですが、線香やろうそくはNGです。
●キリスト教では生花以外はダメ、と覚えてください。
●仏教では供物は正式には奉書紙で包み、双銀か白黒の水引きで結び切りにします。表書きは「御供物」「御供」。
◎仏教の場合、果物や菓子を贈る場合のの「のし」の表書きは「御供物」「御供」となります。
◎現金を用意 して熨斗袋の表書きを「御供物料」「御花料」とし、遺族に「故人の好きだった食べ物を供えてください」「故人がお好きだったお花を供えてください」などと渡しても良いでしょう。表書きに「供花料」とは書きません。
◎神式では食べ物の他にお酒を供えることもありますが、供え方や飾り方にはしきたりがあるので現金を包むほうが無難でしょう。
 表書きは「御玉串料」となります。
【のし袋】参照

生花を贈る

ポイント備考
●生花は宗教を問わずお供えとして使えます。
自分で持参しても、葬儀社や花屋などに頼んで手配をしても良いでしょう。
白黒や黒のリボンをかけたり、水引きをかけたりします。
 原色の生花は避けるのが普通です。
◎通夜の日の午前中に間に合うよう手配する。
【葬式・葬儀の供花】参照

供花を贈る

ポイント備考
●祭壇の横に供える贈り主の名札つきの生花を供花と言います。
●供花も、自宅や式場によっては、並べる場所の都合があるので喪家や斎場の意向を確認してから葬儀社に手配を依頼すると良いでしょう。
●葬儀社などに手配を依頼した場合の代金は「御花代」「お花代」として白封筒などに用意します。
◎供花は葬儀の日の前日に間に合うよう手配する。
【はみだし知識】
・キリスト教式では、葬儀、法要のときの不祝儀袋の表書きを「お花料」「御花料」と書きます
・現金を用意して熨斗袋の表書きを「御花料」とし、遺族に「故人がお好きだったお花を供えてください」などと渡しても良いでしょう。
なお、表書きに「供花料」とは書きません。

花輪を贈る

ポイント備考
●葬儀用の花環は、普通は団体や会社が贈る。
●式場によっては、並べる場所の都合があるので喪家や斎場の意向を確認してから葬儀社に手配を依頼すると良いでしょう。花輪の代わりに良く用いられるのは、花籠や、スタンド花などです。
 代金は「御花代」として白封筒などに用意します。
◎葬儀用の花輪は葬儀の日の前日に間に合うよう手配する。

その他

ポイント備考
●しきみ(しきび、樒)は、関西の葬儀などで用いられます。筆者も京都の葬儀の際に経験があります。他の地区ではあまりなじみがありませんが、花輪のような役割だと思って下さい。
一対づつ手配ができ、式場の外にずらりと並んで供えられている光景も目にしました。
宗教によっても異なりますので、喪家や葬儀社と相談してから手配をしてください。葬儀社に手配を依頼すると良いと思います。
◎樒(しきみ、しきび)は通夜、葬儀の両方に飾ります。できるだけ早めに手配をします。
◎名入りで飾ることが多いようです。
【はみだし知識】
仏式の枕飾りの際に、花立てにしきみの枝を飾ることがあります。(しきみではなく、菊の花の場合もあります)。キリスト教式や、神式では樒を用いることはありません(シキミ、シキビとも言う)。

5.御霊前お香典の相場(香典料の金額のめやす)

香典の金額は、故人とのおつき合いの深さや、贈り主の年齢によって異なります。いちおうの目安として香典の相場金額をご紹介します。
下記はごく一般的な香典代のめやすとなる金額です。
【不祝儀の相場…お金のページへ】【このページのトップに戻る】

香典相場(ご霊前・御霊前)

あなたとの関係贈り手のあなたの年代とお香典相場
 亡くなった人20代30代40代
勤務先の上司 
 本人5,0005,000〜10,00010,000〜
 その家族3,000〜5,0003,000〜10,0005,000〜10,000
勤務先の社員や同僚   
 本人5,0005,000〜10,00010,000〜
 その家族3,000〜5,0003,000〜10,0003,000〜10,000
祖父母 10,00010,000〜30,00030,000〜50,000
両親 30,000〜100,00050,000〜100,00050,000〜100,000
兄弟・姉妹 30,000〜50,00050,00050,000
おじ・おば 10,00010,000〜20,00010,000〜30,000
友人・知人 5,0005,000〜10,0005,000〜10,000
隣近所 3,000〜5,0003,000〜10,0003,000〜10,000
仲人 10,00010,00010,000〜
その他
 ※祖父母が亡くなった場合、孫は御香典を出すかどうか …一般的には、両親に扶養されている孫の場合は、両親が香典を出すため、孫は出さない、という考え方が多いようです。
では社会人になっている孫の場合はどうするか…についてですが、同居している、していないに関わらず働いている孫の場合は出すべきだと筆者は考えます。他の孫たちとのバランスもありますので、例えば年齢が同世代の孫たちで同じ額ずつ出して「孫一同」という形で御香典を包んでもよいでしょう。
結婚しているお孫さんの場合には、単独で御香典を出すべきだと考えます。
※香典の包み方、中包みの香典代金の書き方などはこちら…のし袋へ
※不祝儀相場、お悔やみの相場…お金のページへ

6.法事のお香典のマナー

仏教では御霊前から御仏前に

仏教では、参列者がお供えするのし袋の表書きに「御霊前」という表書きが使えるのは、四十九日の法要までです。それ以降の50日めからは、故人は「霊」ではなく「仏様」になります。そのため「霊前」という表書きは使わなくなります。
例えば一周忌、三回忌、七回忌…といった法事では、「御仏前」または「御佛前」という表書きを使います。その他に法事の熨斗袋の表書きに使えるのは「御香料」「御供物料」などです。
一方、遺族が、初七日〜四十九日の法要にお寺にお包みするお礼の場合の表書きは「御布施」「御経料」「御法禮」「御回向料」「お布施」などですが、これは忌明け後も用いられます。
※ なお、上記の表書きは仏教、仏式の場合です。
【法事のマナーのページへ】【このページのトップに戻る】

  上記の他に、このサイトで紹介している「香典」に関する内容の一例

1. 法事・法要のときの不祝儀袋のマナー

◎法事のときにも「御霊前」という表書きでいいの?
 法事の時には、四十九日以降は「御霊前」という表書きは用いません。四十九日からは仏式の場合は「御仏前」「御香料」「御供物料」、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」など。 香典1
◎忌明けの挨拶状とは?
 49日の忌明けの頃に、会葬のお礼状とは別に、香典返しと一緒にお礼状を贈ります。お礼状の文面をご紹介していますのでご参照ください。 香典2

2. 通夜と葬儀のマナーについて

◎通夜や葬儀のときの服装は?
 服装は葬儀マナーの基本です。親族以外の場合、通夜に参列する際には喪服でなくてもかまわないとされています。しかし、葬儀に出席せず通夜のみにご焼香に伺い香典を持参するという場合には、喪服を着用する場合が多いようです。
葬儀には男性は白いワイシャツに黒ネクタイ、ブラックスーツ、靴下、靴は黒です。女性は黒いワンピースかスーツに黒靴黒ストッキングです。
香典3
◎通夜、葬式でのおくやみの言葉は?
 通夜や葬儀では忌み言葉に気をつけて、遺族に対してお悔やみの言葉を述べます。もし遺族から弔辞を依頼されたら、よほどの事情がない限り、断るのはマナー違反です。
別ページで葬儀やお通やの挨拶文例を紹介していますのでご参照ください。
香典4
◎通夜、葬式での遺族の言葉は?
 遺族が述べる通夜や葬儀お礼の挨拶の文例を紹介しています。お悔やみのお礼あいさつ文、スピーチ例のページへ 香典5
◎葬儀の手伝いを依頼されたら?
 葬儀には受付係、会計係など、さまざまな係のお手伝いが必要です。各係りの主な役割は、受付係のページで説明をしています。
なお、遺族は、お世話役代表にはお礼の言葉を述べるとともに「志」「お車代」などを白封筒に包んでお渡しすると良いでしょう。
香典6
◎香典のお返しと香典の礼状は?
 会葬者にはお礼状(会葬礼状はがき)はすぐに渡しますが、それとは別に御香典や御供物を頂いた方には四十九日の頃に香典お礼のお返し(香典返し)をします。供花のお返しも香典返しと同様にいたします。
会葬のお礼状とお香典のお礼状は別モノと理解して下さい。
香典7
[関連ページ]
1. 香典と御霊前について 前のページへ
2. 死亡の連絡がきたら 前のページへ
3. 御霊前を持参する時のマナー(香典を贈るときの注意とポイント) 前のページへ
【冠婚葬祭のマナー表紙のページに戻る】