手紙の書き出し

手紙の書き出し コロナウィルス

 新型コロナウィルス感染症の拡大で外出自粛が続く中、なかなか会えない相手に出す手紙。つい迷ってしまう手紙の書き出しについて解説します。
 例えば店舗が休業中でお目にかかれないお客様への挨拶状、家族が感染した方へのお見舞い状、亡くなった場合のお悔やみ状、イベントが中止になったり結婚式が延期になった場合のお詫び状など、具体的なケースについて、手紙の書き出しの例文・文例を紹介します。
 合わせて手紙の構成、頭語と結語、時候の挨拶なども解説します。
[参考ページ]
【手紙の書き方のマナー】…手紙の基本構成と書き方、ハガキと手紙の書き方マナー
[下記は文例も紹介しています]
【手紙の書き方1】(結婚や引越し挨拶)…『挨拶状』
【手紙の書き方2】(お祝いやお見舞を頂いたお礼状)…『礼状』
【手紙の文例1】…定年退職と、退職の挨拶状
【手紙の文例2】…転勤の挨拶状
【手紙の文例3】…引越しの挨拶状
【手紙の文例4】…お中元のお礼状
【手紙の文例5】…結婚祝いのお礼状
【手紙の文例6】…結婚の挨拶状の例文
【手紙の文例7】…お礼の手紙 先生へ(お世話になったお礼、合格・内定報告ほか)
【手紙の文例8】…お礼の手紙 ビジネス(視察,新規契約,異動・退職時のお礼ほか)
【お祝い電報】…『祝電』のページへ
【お悔やみ電報】…『弔電』のページへ
【お悔やみ状】……『お悔やみの手紙』のページへ
【年賀状の書き方と文例】…年賀状
【喪中ハガキ(年賀欠礼状)】…喪中はがき
【冠婚葬祭マナーのTOPページに戻る】

1.手紙の書き出しとは(手紙の構成と新型コロナウィルス感染症)

手紙の良さは「緊急時の連絡手段ではないこと」でしょう。だからこそ、相手の暮らしを邪魔せずに、気持ちに寄り添うことができます。
特に「簡単に会えない相手」に送ってこそ、手紙の良さが活きるのではないでしょうか。
コロナ見舞いであっても基本的なマナーは同じです。相手の安否を気づかう気持ちや、変わらぬ親交をお願いする言葉などを入れます。
ご紹介している内容は手紙でもハガキでも通用しますので構成だけはひととおり理解しておきましょう。
手紙の書き出しのポイント
[ポイント]
いきなり本題に入るお詫び状やお悔やみ状とは異なり、手紙の場合には、まず時候の挨拶(季節の挨拶)や、相手の健康を気遣う言葉から書き始めます。
1.相手をよく考える
・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。
親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。
2.先方の状況を推し量る

・現在の相手の状況を考えてみます。
例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。

・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。

3.季節を考える
・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。時候の挨拶(季節の挨拶)などを書きます。
(ただし、相手や相手の家族が闘病中で大変な状況にあることがわかっている場合には、「お見舞い状」の書き方のように、時候の挨拶を省略して、いきなり本題に入ることもあります)
手紙の書き出し
下記が手紙の構成となります。冒頭には頭語や、時候の挨拶を書きます。

1. 頭語(とうご)

手紙の書き方

・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。
例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。

・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。
代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。

・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。
頭語と結語の 代表的なペアの例
頭語 頭語の意味・
挨拶文としての意味など

結語 結語の意味・
挨拶文としての意味など
一般的な手紙
拝啓 謹んで申し上げます 敬具 謹んで申し上げました
丁寧な手紙、目上の相手あての手紙
謹啓 謹んで申し上げます
(拝啓よりも敬意が高い)
敬白
または謹言
謹んで申し上げました
(敬意が強いので、目上の人あての手紙や、お礼状などに用いると良い)
略式の手紙
前略 冒頭の時候の挨拶を省きます 草々 急ぎ走り書きをし、申し訳ありません。
このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ>>>
手紙の書き出し

2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ)

冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。これを「時候の挨拶」と言います。
頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。

時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で)

1月 厳寒の侯
お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。
松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。
2月 余寒の侯
立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております
節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。
3月 早春の侯
桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。
寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。
4月 陽春の侯
桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。
花の色が美しい季節になりました。
5月 新緑の侯
鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。
新緑の香りがすがすがしい季節になりました。
6月 梅雨の侯
梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。
あじさいの色が美しく映えるころとなりました。
7月 盛夏の侯
暑中お見舞い申し上げます。
降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。
8月 残暑の侯
立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。
土用あけの暑さひとしおの侯
9月 初秋の侯
コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。
燈火親しむ頃となりました。
10月 秋冷の侯
菊の花が香る季節となりました。
さわやかな秋晴れの日が続いております
11月 晩秋の侯
朝晩はめっきり寒くなって参りました。
庭の草木も日ごとに色づいて参りました。
12月 初冬の侯
今年もおしつまって参りました。
師走に入り、あわただしい毎日が続いております。
時候の挨拶についてはこちらのページでもっと詳しく説明しています。>>>

※俳句の季語についてはこちらのページでご紹介しています。>>>

2.手紙の書き出し例文

手紙の書き出しの例文をケース別にご紹介します。解説と合わせてご覧ください。

(2-1)コロナ感染対策で外出自粛中、なかなか会えない相手に出す手紙の書き出し

拝啓 今年の鯉のぼりはどこか寂しげに感じられます。お元気でお過ごしでしょうか。
外出自粛で会えない寂しさを鯉のぼりに託しています。

拝啓 新緑の候 お変わりありませんか?そろそろ元気を持て余している頃かと思いお便りしました。
親しい相手あての文例です。外出自粛を明るい言葉で労っています。
年下の相手あての手紙にも使えます。
本文では自分が実践している自宅での楽しい過ごし方を紹介したり、外出自粛が開けてからの楽しいプランの空想を展開するのも良いでしょう。

(2-2)店舗が休業中で、お目にかかれないお客様への挨拶状 の書き出し

謹啓 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。また、お客様におかれましてはこの度新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛等で、生活に多大な影響を受けられている由、心よりお見舞いを申し上げます。
外出自粛のお見舞いの言葉を書き添えています。

謹啓 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。また、このたびは新型コロナウィルス感染拡大に伴いやむなく臨時休業のはこびとなり、お客様には多大なご迷惑、ご心配をおかけしておりますこと心よりお詫び申し上げます。
店舗が休業中であることを伝え、ご挨拶をする内容となっています。例えばこのあと本文で通販の案内をしたり、再開の案内を掲載することができます。
 

(2-3)家族が感染した方へのお見舞い状→できればメールで

・ご家族がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、一番大変な時期でもあり、かつ、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。

・メールの場合には手紙のような書き出しは不要です。
◯◯さん、その後(ご家族)様のお身体の具合はいかがですか?一番心細い時期に何もできなくてごめんなさい。何か私にお手伝いできることがあれば遠慮なく連絡ください。
↑ メール文を想定しています。書き出しのヒントになさってください。

前略 (ご家族様)様が退院されたと知り、ペンを取りました。
もし手紙を出す場合には退院されて(回復されて)落ち着いた頃に。
 

(2-4)友人または友人のご家族が亡くなった場合のお悔やみ状 書き出し

 ◯◯様の突然の訃報に接し、言葉を失っています。
すぐに出すお悔やみ状は、頭語、結語や時候の挨拶は不要です。

(文末の例)
 本来であればすぐにでもかけつけてお悔やみを申し上げたいところですが、外出自粛の折柄お伺いすることができずまことに申し訳ございません。
略儀ながら書中をもちまして御冥福をお祈り申し上げます。
コロナウィルス感染拡大のため弔問に伺えない場合には、「コロナウィルス感染拡大のため」といった直接的な書き方はせず、「外出自粛の折柄」という簡潔な書き方にしています。
 
・お悔やみ状の文例はこちらで詳しく説明しています>>>

(2-5)イベントが中止になった場合のお詫び状 書き出し

謹啓 皆様におかれましてはこのたびのコロナウイルス感染拡大により多大な影響を受けられていることと、衷心よりお見舞い申し上げます。さて、(以下略)
まずはお見舞いの言葉を述べています。

謹啓 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼を申し上げます。またこのたびのコロナウィルス感染拡大に際しましては、大変なご心配、ご不便な思いをされておりますことと、心よりお見舞い申し上げます。さて、(以下略)
最初に平素のお礼を述べる一文を入れています。
 

(2-6)結婚式が延期になった場合のお詫び状 書き出し

拝啓 つつじの花が満開を迎えています。◯◯様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか(以下略)
書き出しは通常の手紙の書き方を踏襲した形です。
冒頭では特にコロナウィルスのことにはふれず、本文で「理由」を述べる箇所でふれるようにします。

謹啓 新緑の候 時下ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
 さて、(以下略)
清祥(せいしょう)とは、相手が健やかに暮らしていることを表す言葉です。個人あての手紙に用いられます。
ちなみに、同じようによく使われる言葉で「ご清栄」もありますが、これは企業あてなどビジネス用の手紙で用いられます。
 
冠婚葬祭マナーTOPへ