弔電・お悔やみ電報の依頼の仕方と料金

弔電・お悔やみ電報の依頼の仕方と料金のページ。弔電(お悔やみ電報)は通夜・葬儀に参列できない時に送ります。また、会社や職場などが社名や社長名、部署名などで送ることもあります。
このページでは、一般的な弔電の依頼のしかたと、料金、および弔電に使われる主な敬称とポイントをご紹介しています。
………このページの内容………
弔電・お悔やみ電報の種類…弔電にふさわしいシーンとは
お悔やみ電報いろいろ
弔電に使われる主な敬称
電報を依頼する(発注の前に準備すること)
電報の料金(NTTの例)

■ 弔電・お悔やみ電報の種類

弔電とは、お悔やみの気持ちを伝える電報をさします。

最も一般的な弔電・お悔やみ電報は、葬儀、葬式に送るものですが、その他に、法事や通夜にも送られます。
最近は台紙の種類もいろいろ出ています。
下記に一般的な弔電・お悔やみ電報の例をご紹介します。
弔電・お悔やみ電報の例
弔電・お悔やみ電報の例 概要説明
葬儀、葬式に送る 弔電・お悔やみ電報

※参考>>弔電、お悔やみ電報の文例、書き方とマナー
  ◎葬儀、葬儀で紹介されます。文末に差出人の名前を忘れないようにしましょう。

◎葬儀がとり行なわれる寺社・斎場あて(自宅で葬儀が行なわれる場合は自宅あて)あてに送ります。
前日までには届くようにします。
法事に送る 弔電・お悔やみ電報
  ◎法事がとり行なわれる寺社・斎場あて(自宅で葬儀が行なわれる場合は自宅あて)あてに送ります。
前日までには届くようにします。

◎配達日の1ケ月前から申込ができます。
できれば 余裕をもって手配をしましょう。配達日の3日前までに申込をすると、150円(税別)の割引があります。

■ お悔やみ電報いろいろ

電報(弔電)と言えばNTT。…数年前まではそうでした。
実は、今ではNTT以外にも同様のサービスをしている会社があります。

◆選ぶポイント◆

1. 料金
2. 配達可能エリア(全国くまなくサービスを展開しているか)
3. オーダーから配達までの日数や時間
・台紙、またはカードの種類、ぬいぐるみ電報やフラワー電報など
4. 支払方法
(毎月の電話料金と一緒に支払う、クレジットカードで支払う、コンビニエンスストアで支払う等)
5. 安心できる会社(セキュリティー面、免許登録、個人情報保護方針ほか)
6. オーダーの方法
  電話でオペレータに依頼できる。
  インターネットから発注できる。
 コンビニエンスストアでオーダーできる
などを参考にお選び下さい。


日程に余裕がある場合には「格安の料金」や、こだわりの台紙、ぬいぐるみ付きのカード、花束と一緒にメッセージを贈りたい…など、いろんなポイントを比較してサービス会社を選ぶという選択肢もあります。
インターネットから申し込みができる弔電、お悔やみ電報も沢山あります。
▲PAGE TOP  △HOME
★まだ間に合う!
届け先の近くのお花屋さんが 直接手渡しでお届け。
当日配達もOK

■ 弔電・お悔やみ電報に使われる主な敬称

弔電に用いられる主な敬称をご紹介します。
お悔やみ電報によく使われる敬称
通常の呼び方 敬称
ご尊父[そんぷ]様、お父様、お父上(様)
ご母堂[ぼどう]様、お母様、お母上(様)
祖父 ご祖父様
祖母 ご祖母様
ご主人様、ご夫君様
ご令室[れいしつ]様、ご令閨[れいけい]様
息子 ご子息(様)、ご令息(様)
ご息女(様)、ご令嬢(様)
姉、兄 御姉様、御兄様、または名前「◯◯様」
弟、妹 御妹様、御弟様、または名前「◯◯様」

■ 弔電・お悔やみ電報の依頼のしかた

弔電・お悔やみ電報を依頼する前に、以下のことを準備しましょう。  
決めておく項目 内容
1. 配達日(および時刻)
  ◎葬儀、葬式に送る弔電・お悔やみ電報の場合は、葬儀、葬式の開始時刻も明らかにします。
できれば前日までに届くのが望ましいでしょう。どうしても前日に間に合わない場合は、遅くとも葬儀・葬式が始まる1時間前までには届くようにします。


◎法事の場合、配達日の1ケ月前から申込ができます。
できれば 余裕をもって手配をしましょう。配達日の3日前までに申込をすると、150円(税込157円)の割引があります。
2. 送り先の住所
  ◎葬儀がとり行なわれる寺社・斎場あて(自宅で葬儀が行なわれる場合は自宅あて)の住所に送ります。

◎亡くなった方の名前、 喪主の名前をあらかじめ調べておきましょう。

◎会社間系などで弔電を送る場合には、葬儀をとりしきる葬儀社の名前も調べておくと、供花などの手配の際に全体のバランスを考えて配置してくれるので、役に立ちます。
3. 文章
  メッセージ文を用意しておくとスムーズに発注ができます。

文字数によって料金が異なります。(電報の料金は次項で述べます)
4. 台紙、付属品、花など
  ◎電報の台紙を選べるサービスや、ぬ いぐるみなどの付属品のほか、花束、フラワーアレンジメントを一緒に届けるサービスもあります。
付属品について、要・不要を決めておきましょう。

■ 電報の料金

インターネット(ホームページ)でも、携帯電話からも、電話115でも電報の申し込みができます。
コンビ二エンスストアからも電報の申し込みが可能です。クレジットカードで支払ができます。

★受付時間は、ウエブ上からは24時間受付。電話は午前8時〜22時。
  コンビニエンスストアからは午前8時〜21時30分までです。
電報の料金 (下記はNTT115に電話で申し込む場合の例)2015年12月25日現在
電報の 配達時間
↓0:00〜   ↓8:00〜   ↓19:00〜  
当日午前8時以降に配達 すべての
電報を 配達
翌日午前8時以降に配達
▼[夜間配達の緊急定文電報]
電話受付(※1)のみで、19時〜22時までの受付まで当日中に配達。22時以降翌朝6時までの受付は午前6時から8時までに配達。
ただし内容は緊急定文電報の配達のみ。
(※1)緊急定文電報は電話0120-000-115のみの受付で、料金は一通ごとに340円(税別)・+夜間配達料金2,000円税別)
受付から配達まで
ポイント 備考
●電話での申し込みは 局番なしの
115
●申し込みから2〜3時間で配達可能

●8時から19時までに受付した電報は
当日配達が可能。

●19時〜22時、および6時〜8時の間(上記の)に 配達が可能なのは、緊急時の定文電報にて、 「夜間配達」を指定した場合

◎届け日が決まっている場合は、3日前までに申し込みすると150円割引になる。

◎NTTの電報の場合は全国どこでも申し込みから2〜3時間で配達が可能。

◎夜間配達の場合(上記)は夜間配達料2,000円(税別)が別 途必要になる。
料金の仕組み
文字数料金
(メッセージ料金)
台紙 オプション 消費税 電報料金

●文字数料金+台紙代金+オプション+消費税=電報料金
(文字数に換算されるのは、メッセージ文の部分のみ。住所や宛先名には料金がかかりません)

例)台紙の料金…お悔やみ用押し花付きの台紙は、税別で惜別 500円、愁華1,000円、悲愁3,000円、刺繍付きは小夜菊1,500円、白菊2,000円など各種あります(すべて毛筆書体での料金)。


●例えば、文字数35文字の慶弔電報の場合(文字料金は下記料金表参照)、
文字数料金840円+台紙(例えば押し花付「惜別 」500円)=税別1,340円

◎もしメッセージ内に送り主の名前や住所を入れる場合、文字数に加算されます。
◎インターネットから申し込みをすると、電話での申し込みよりもお安くなります。
電報の料金
文字数 NTT東日本の電報料金表(2015.12.15現在)[単位:円](税抜・税別)
税金は総額計算で1円未満を切り捨てる
ネットから申し込み 電話から申し込み
慶弔扱 一般扱 慶弔扱 一般扱
配達当日〜2日前 配達日の3日前まで 配達当日〜2日前 配達日の3日前まで
25文字まで 660 510 440 700 550 480
26〜30まで 750 600 500 790 640 540
31〜35まで 840 690 560 880 730 600
36〜40まで 930 780 620 970 820 660
41〜45まで 1,020 870 680 1,060 910 720
46〜50まで 1,110 960 740 1,150 1,000 840
51〜55まで 1,200 1,050 800 1,240 1,090 840
56〜60まで 1,290 1,140 860 1,330 1,180 900
61〜65まで 1,380 1,230 920 1,420 1,270 960
66文字以上 5文字ごとに 5文字ごとに
90円(税別)を加算 60円(税別)を加算 90円(税別)を加算 60円(税別)を加算
電報に関する主なサービス 2015.12.25現在
下記のサービスのうち★は電話からの申し込みの場合のみのサービスで、ネットからの申し込みでは受けられません。
サービス 内容 料金(円/税別・税抜)
配達日指定 配達日の1カ月前から申し込み可能 慶弔扱いの電報なら、3日前までの申し込みの場合150円(税別)割引
受取人の名前を連記 宛先が同一の場合、受取人名を連記にできる

1名追加するごとに60円(税別)加算

毛筆印字 毛筆書体で印字した電報で届ける 1通につき100円(税別)加算
フラワー電報 電報とともに花を届ける 1通につき花代(フラワー料金)+フラワー手数料500円(税別)加算
配達通知 配達した日時を通知 1件につき800円(税別)
発信証明 ★ 電報を発信したことを証明 1件につき300円(税別)
発信人名簿問合せ★ 受取人の請求により、発信人の住所、氏名等を通知(但し発信人の了解が得られた場合のみ) 1件につき1000円(税別)
発信取消 ★ 電報の発信を取り消すことができる(但し、配達日当日は取消しできないこともある) 1通につき取消料300円(税別)
夜間配達 ★ 緊急定文電報のみ( 1通につき2000円(税別)

 
▲PAGE TOP  △HOME