※間もなく下記が表示されます。(パソコン環境によりましては)恐れ入りますが少しだけお待ち下さい。
参拝のしかたと言えば …
下記は別ページに掲載
_礼状を送る
_玉串料と玉串の捧げ方
_初穂料の書き方
子供のお祝い
入学祝・入園祝_入学祝・入園祝
七五三_七五三の服装としきたり
お年玉_お年玉 の由来と相場
<
冠婚葬祭マナー
あ〜お
[お祝いメールの文例]
お宮参りのお祝い
お宮参りの時期
お宮参りの食事
お宮参り赤ちゃんの服装
か〜こ
春,夏の結婚式服装,女性
秋,冬の結婚式服装,女性
冠婚葬祭マナー
さ〜そ
[司会・進行]
[スピーチ文例]
た〜と
[手紙文例]
[電報_祝電文例]
[電報_弔電文例]
な〜の
冠婚葬祭マナー
は〜ほ
[服装のマナー]
ま〜も
や〜よ
ら〜ろ
両家の顔合わせの服装
わ〜を
マナー
冠婚葬祭
姉妹ページへ
 
参拝のしかたのページロゴ
神社やお寺、寺院にお参りして拝むことを参拝、参詣と言います。
  (参拝=さんぱい、参詣=さんけい)
ふだんの暮らしの中でも「初詣で」など、神社にお参りする機会は多いと思いますが、参拝の仕方にも正式な作法があるのをご存じでしょうか。赤ちゃんのお宮参りや七五三のお参りなど、家族のお祝い事の節目の時にもきちんとしたお参りができるよう、正しい参拝のしかたを覚えておきましょう。
スポンサードリンク
………このページの内容………
1. 参拝のときに使う用語
・手水舎(ちょうずや、てみずや)・お水舎(おみずや)
・鈴(すず)
  ・絵馬(えま)
2. 参拝の仕方・方法[1]ふだんの参拝
3. 参拝の仕方・方法[2]正式な参拝(正式参拝)
    ・正式な参拝の作法
    ・神社への謝礼
4. 参拝の仕方・方法[3]お礼参り
    ・安産のお礼参り…出産後のお礼のお参り
  ・合格のお礼参り…合格後のお礼のお参り
5. その他のお参り お百度参り
※はみだし知識(神社、神宮、寺、寺院について)
1.神社の参拝のときに使う用語
【このページのトップに戻る】
神社の境内には、いろいろなものがあります。
代表的なものを下記にご紹介します。それぞれ、なんという名前なのか、どのようにして使うのか、ご存じですか?
名称と画像 方法や作法の説明
● 手水舎(ちょうずや、てみずや)・お水舎(おみずや)
[手水舎について]
・ 神社の境内にある、神社参拝者が身を浄めるための施設を手水舎と言います。
浅草の浅草寺のものはお水舎(おみずや)と呼ばれています。

・ 参拝の前には、以下のようにして手と口を清めます。

(1)まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清めます。

(2)柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。

(3)再び持ち替えて柄杓を右手に持ち、左のてのひらで水を受けて口をすすぎます。柄杓に口をつけて口をすすぐことのないように注意してください。

(4)左の手のひらを清めます。

(5)最後に柄杓を縦にして、自分が持った柄の部分に水を流し、元の位 置にもどします。
● 鈴(すず)
[鈴について]
・ここでいう鈴は、巫女が神楽を舞う時に持つ巫女鈴ではなく、神社の拝殿の前、賽銭箱の上あたりにあり、上から吊るされている鈴をさします。参拝の時に必ず鳴らします。

・鈴には、もともと呪力があると考えられてきました。拝殿で鈴を鳴らすのにはお祓いの意味があるとされます。

・ 賽銭を賽銭箱に入れ、鈴をならしてから、拝礼を行うのが一般 的です。

※拝礼の仕方については、このページの下の方で詳しくご説明しています。
● 絵馬(えま)
[絵馬について]
・古来、馬は神様の乗り物と考えられていたため、もともとは本物の馬を奉納していました。しかし、本物の馬は高価であるだけでなく、奉納される側も設備や世話などの面 で大変なため、平安時代の頃から次第に馬を描いた絵で代用されるようになりました。

・その後、境内に絵馬堂が設けられ、絵に描いた馬や武具などを奉納するようになりました。金比羅宮の絵馬殿では、絵馬の代わりに船の絵や写 真がおさめられ、漁や航海の安全が祈願されているのはテレビなどでも紹介され、ご存じの方もいらっしゃると思います。

・現在では、絵馬もぐ〜んと小振りになり、庶民でも奉納できる身近なものになりました。神社や寺院に参拝する際に、絵馬に具体的な願いごとを書いて奉納すると願いがかなうとされています。
●参考
[初詣でとは]
新年になって、正月に初めて神社やお寺、寺院に参詣し、その一年の幸せを祈願することを初詣で・初詣と言います。初参りとも言われます。(初参り=はつまいりと読みます。)
初詣でのページはこちら>>>







2.神社の参拝の仕方[1]ふだんの参拝の作法
【このページのトップに戻る】
本殿で神主さんにご祈祷やお祓いを受けるときではなく、自分で参拝するときの参拝のしかた(参拝の作法)についてご説明いたします。

No. 項目 参拝作法やお参り作法・方法についての説明
1 鳥居をくぐる前に 服装の乱れを整えます。
2 鳥居をくぐる時 神社などでは、神様が祭られている場所に入る際に、神様を敬う気持ちを表わすために軽く会釈をして境内に入ります。
3 手水舎で身を浄める 境内の手水舎で、身を清めます。
(1)まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清めます。
(2)柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。
(3)再び持ち替えて柄杓を右手に持ち、左のてのひらで水を受けて口をすすぎます。柄杓に口をつけて口をすすぐことのないように注意してください。
(4)左の手のひらを清めます。
(5)最後に柄杓を縦にして、自分が持った柄の部分に水を流し、元の位 置にもどします。 柄杓は伏せておきます。
4 参拝のしかた・お参りのしかた
(1)神前に進み、姿勢を正します。
(2)(賽銭を賽銭箱に入れます。)
(3)鈴を鳴らします。
(4)もう一度姿勢を正します。
(5)二拝二拍手一拝の作法(ニ礼二拍手一礼の作法、あるいは、再拝二拍手一拝の作法とも言う)で拝礼を行います。
(5-1) 90度の礼で、二回拝みます。
(5-2) 胸の前で二回、拍手をします。
(5-3) もう一度90度の礼で、一回拝みます。

※拍手(はくしゅ)は、鈴と同じように邪気を祓う意味や、神様を呼び出すためと言われます。「かしわで」と言われることがあります。

※上記は神社での拝礼のしかたです。寺院では手を合わせ合掌するだけで拍手はしません。
5 鳥居をくぐる時 向きを変えて、軽く会釈をして境内を出ます。
6 神社参拝に関するその他の情報 【参拝の時間】
お宮参りや安産祈願、商売繁昌のお参りなどに関しては大安の日を選ぶことが多いのですが、暦でいえば大安の日、友引きの日、先勝の日の午前中も良いと言われます。
仏滅や赤口、先負の日は参拝に向かないとされています。これについても神社によって異なるようで、先負の日も午後なら良いとする説もあります。
例えば福岡にある某神社で神職に聞いたところでは、参拝する人の心の持ち方次第であり、もちろん六輝(六曜=大安、友引、赤口、仏滅、先勝、先負)にこだわっても良いわけですが、特に気にしなくても構わないとのことでした。

このように参拝の日どりや時間に関しては地方や宗派によって解釈が異なりますが、お祓い、祈願、参拝の時間は一般 的には午前中が好まれるようです。

ただし、普段の参拝については、氏神様に家族の健康や長寿を祈願するのが本来の目的ですので、神社の参拝時間内であればいつでも良いと思います。



 
 


3.神社の参拝の仕方[2]正式な参拝の作法
【このページのトップに戻る】
本殿で神職からご祈祷やお祓いを受けたりする正式参拝・昇殿参拝のしかた(参拝の作法)についてご説明いたします。
七五三の時や、赤ちゃんが生まれてから参拝するお宮参りのときなどにも、参考になさって下さい。
正式な参拝では、ご祈祷(きとう)やお祓い(おはらい)をしてもらい、神社に謝礼をお渡しします。謝礼は参拝料ではなく初穂料、玉 串料などという名称になります。下記で説明をしていますので、ご参照下さい。

項目 方法や作法についての説明
1.申し込み・予約
  ・社務所、祭儀所などにご祈祷やお祓い、祝詞奏上(祝詞を上げてもらう)の申し込みをします。
新年の初詣での御祈祷をはじめ、日柄の良い日の祈祷やお祓いは、電話などで事前に予約するか、問い合わせをすると良いでしょう。
2. 初穂料、玉串料を用意 (神社に渡す謝礼を用意しておく)
  ●神社に渡す謝礼の表書きとしては、「御初穂料」「御玉 串料」「御礼」「御祭祀料」「御祈祷料」などがあります。参拝料という名称ではありません。
一般的に良く用いられるのは「初穂料」「玉串料」「御礼」です。


●初穂とは、その年の最初に収穫された稲、穀物などの農作物をさし、神仏への捧げものとして毎年奉納されていました。現在ではその代わりとする金銭を初穂(はつほ)、初穂料、お初穂料などと言います。
◎初穂料……通夜際、葬儀(葬場祭)、各種祝い儀式(七五三、お宮参り)、結婚式、各祈祷、厄払い、地鎮祭の際に神社に納める謝礼として金銭を渡す際の表書きに用います。
また、お守りや、お札を神様から授かる時にも「初穂料」という言葉を使います。


●玉串とは、榊の枝に紙垂をつけたものをさし、神社において、参拝者や神職が神前に捧げるものです。玉 串の代わりとして納める金銭を玉串料と言います。
◎玉串料…………通夜際、葬儀(葬場祭)、各種祝い儀式(七五三、お宮参り)、結婚式、各祈祷、厄払いの際に神社に納める謝礼として金銭を渡す際の表書きに用います。
また、通夜際、葬儀(葬場祭)に参列する人が持参する香典の表書きにも用います。


●表書きの書き方
◎神社での正式参拝(祝詞をあげてもらう・祈祷やお祓いを受ける)の際に神社に渡す謝礼は、白赤の蝶結びの熨斗袋に入れて用意をします。
白封筒でもOKです。

◎のし袋に入れる場合、水引きは蝶結びのものを用意します。「のし」はなくても構いません。ここでいう「のし」とは、右図の熨斗袋の右端にある赤い紙を折り畳んだ部分をさします。

◎表書きは「御初穂料」「御玉串料」「御礼」などです。

◎下段には、祈祷を受ける人の姓、氏名、会社の場合は正式社名にならべて社長名を書きます。

◎ 七五三の際に祈祷を受けるなら、下段は子どもの名前を書きます。地方によっては、年齢も書き添える地方もあります。お宮参りなら、下段は赤ちゃんの名前になります。
 
 


●初穂料の金額、玉串料の金額のめやす
神社によっては、料金を規定しているところもあります。事前に電話などで問い合わせることをおすすめします。
合格祈願、安産祈願、交通安全、厄よけ、お宮参り、七五三など、それぞれの目的によって異なりますが、個人が参拝する場合のご祈祷料、初穂料、玉 串料の相場は、5,000円〜が大半です。会社の場合は10,000円〜が多いようです。
御祈祷を受ける人数によっても異なります。
神社によっては、祝詞奏上や祈祷や厄払いのあと、お守りや縁起ものなどを「おさがり」として下さる場合もあります。そうした場合は祈祷料として10,000円くらい必要です。

(規定料金を設定している場合、5,000円からというところが多いようですが、学業成就などについては、3,000円や4,000円で祈祷をしてくれる神社もあります)
3.鳥居をくぐる前に
  服装の乱れを整えます。
4.鳥居をくぐる時
  神社などでは、神様が祭られている場所に入る際に、神様を敬う気持ちを表わすために軽く会釈をして境内に入ります。

その後、参道を歩いて本殿の方に向かいますが、参道の中央は神様が通 るところとされています。中央を通らず、端を歩きます。
5.手水舎で身を浄める
  境内の手水舎で、身を清めます。
(1)まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清めます。
(2)柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。
(3)再び持ち替えて柄杓を右手に持ち、左のてのひらで水を受けて口をすすぎます。柄杓に口をつけて口をすすぐことのないように注意してください。
(4)左の手のひらを清めます。
(5)最後に柄杓を縦にして、自分が持った柄の部分に水を流し、元の位 置にもどします。 柄杓は伏せておきます。
6.正式参拝のしかた(参拝方法・参拝作法)
 
(1)事前に予約をしてある場合には、社務所に声をかけます。予約をしていない場合には、社務所に正式参拝を申し込みします。
(2)拝殿(または本殿)に案内されます。拝殿に上がる前には軽く礼をします(一揖する=いちゆうする。浅いおじぎのことを言います)
(3)神職の指示に従って、指定された場所で待ち、姿勢を正します。
(4)神職が祝詞を奏上している間は、心を静かにしてじっと耳を澄ませます。目を閉じても構いません。
(5)神職または巫女さんから玉 串を受け取る時は、右手で榊の根元をもち、左手で中ほどを持ちます。
(5-1) 祭壇の前に進みます。
(5-2) 玉串を右に回転させ、手前に根元を持ってきます。
(5-3) また右に玉串を回転させ、根元を祭壇の方に向けます。
(5-4) 玉串を祭壇に捧げます(神に捧げます)。
※玉串を神に捧げることを玉串奉奠(たまぐしほうてん)と言います。
玉串奉奠のしかたは別ページで詳しくご説明しています>>>
(6)一歩下がって、もう一度姿勢を正します。
(7)二拝二拍手一拝の作法(ニ礼二拍手一礼の作法、あるいは、再拝二拍手一拝の作法とも言う)で拝礼を行います。
(7-1) 90度の礼で、二回拝みます。
(7-2) 胸の前で二回、拍手をします。
(7-3) もう一度90度の礼で、一回拝みます。
(8)もとの位置に戻ります。

※拍手(はくしゅ)は、鈴と同じように邪気を祓う意味や、神様を呼び出すためと言われます。「かしわで」と言われることがあります。

※上記は神社での拝礼のしかたです。寺・寺院では手を合わせ合掌するだけで拍手はしません。
7.本殿を出る
  向きを変えて会釈をして本殿を出ます。
8.鳥居をくぐる時
  向きを変えて、軽く会釈をして境内を出ます。
※はみだし知識…神社に渡す謝礼は玉 串料、初穂料と言います。お寺の僧侶に読経などの謝礼として渡すものはお布施と言います。


スポンサードリンク

4.神社の参拝の仕方[3]お礼参り
【このページのトップに戻る】
願いがかなった時に、神社にお礼と報告をします。
例えば、合格祈願や安産祈願をした際にお守りやお札を戴いたのなら、その祈願が成就したお礼に、お守りやお札を納めます(希望する学校に合格したり、資格試験に合格したり、無事に赤ちゃんを授かり安産であった場合などにはお礼参りをします)。

その他に、 病気平癒のお礼参り、厄よけお礼などもあり、神社によっては「御礼祈祷」としてご祈祷をしてくれるところもあります。

筆者が神社で神職に聞いたところ、本人が出かけられない場合には、家族が代理でお参りをしても良いそうです。下記にお参り作法(参拝作法)について説明いたします。

No. 項目 神社参拝のお参り作法(参拝作法)について 説明
1 安産のお礼参り ・安産祈願をした神社に、お守りなどを持参し奉納します。
白赤の蝶結びののし袋に、表書きを「御礼」とし、下段には出産した方の名前を書き、神社に持参します。社務所に「安産の御礼参りに参りました」と声をかけましょう。のし袋に入れる金額には決まりはありません。数千円で良いと思います。

・小さな氏神様などにお礼参りをする場合には、賽銭箱に「御礼の気持ち」を奉納し、鈴を鳴らしたあと、二拝二拍手一拝で参拝する際に心の中で安産のお礼を述べます。お札やお守りは境内の「お札、お守り納め所」に奉納します。

・出産のお礼参りの時期に決まりはありません。お宮参りのときに、同時に済ませても良いと思います。出産後の都合の良い時期に、遅くとも一年以内に、参拝しましょう。
2 合格のお礼参り ・合格祈願をした神社に、お守りなどを持参し奉納します。
白赤の蝶結びののし袋に、表書きを「御礼」とし、下段には出産した方の名前を書き、神社に持参します。社務所に「合格の御礼参りに参りました」と声をかけましょう。のし袋に入れる金額には決まりはありません。数千円で良いと思います。

・シンプルにお礼参りをする場合には、賽銭箱に「御礼の気持ち」を奉納し、鈴を鳴らしたあと、二拝二拍手一拝で参拝する際に心の中で安産のお礼を述べます。お札やお守りは境内の「お札、お守り納め所」に奉納します。

・合格のお礼参りの時期にも決まりはありませんが、遅くとも一年以内に参拝しましょう。







5.その他のお参り お百度参り
【このページのトップに戻る】
お百度参りとは、願いを叶えるために百日間毎日参拝するというものです。
テレビで、ヒロインが、ほのかな恋心を抱いた相手のためにお百度参りをするというシーンを見たことがありますが、歴史は意外に古く、鎌倉時代にはすでにこうした風習があったようです。
下記にご紹介するのは、作法というよりも「一般的に言われているお百度参りのやりかた」です。

No. 項目 参拝作法の説明(参拝方法)
1 お百度参り ・百日間の間、毎日欠かさず、晴天でも雨天でも(=天候に左右されることなく)、参道から本殿まで行って参拝し、参道を通 って戻ります。

・テレビでは、願をかけていることを人に話してはいけないとか、お百度参りをしている姿を人に見られてはいけないとか、深夜に行うとか、 裸足で行うといった設定が多いようです。
神社には実際に「お百度石」というのがあるところもあります。
はみだし知識(神社、神宮、寺、寺院について)
神社とは…神道の神様をおまつりしている建物や施設。お宮、社(やしろ)とも言う。神がおられる、または来臨される場所として祭壇を設けている。
神宮とは…神道の神様をお祭りしている宮殿。または格式の高い神社の称号。
寺とは…仏像を安置し、仏教の行事(仏事)を行う建物。または仏教の僧や尼僧が仏道を修行する建物。
寺院とは…仏像を安置し、仏教の行事(仏事)を行う建物。または寺とそれに付属する建物全体を合わせた呼称。





【表紙のページに戻る】





 
 

HomeプライバシーポリシーサイトマップAbout Us


※このページは自由にご覧いただけるよう作成いたしましたが、マナーに関するご質問が予想以上に多数寄せられ、事務局として対応に追われております。
恐れ入りますが、当分の間、マナーに関する質問受付はお休みさせていただきます。



このサイトの運営者:くちコミくらぶ知りたい講座事務局

問い合わせ先>> manner
(まことに恐れ入りますが迷惑メール対策のため、画像で表示しています。
お手数ですが、上記のスペルの通りにタイプして送信してください。 )


(c) 1995-2014 kuchikomi-club
YOURS All rights reserved.

無断転載を禁止します