法事の案内状のページのロゴ

このページでは法要・法事の案内状について見本(文例)をあげてご説明いたします。案内状と言うと難しそうですが、法事のお知らせをするための通知と考えてみるとわかりやすいでしょう。

法事・法要とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事です。
一般的な忌明けは四十九日です[地方によっては、五七日(いつなぬか)が忌明けの場合もあります]。厳密には忌明けまでの間、七日おきに法要がありますが、初七日と四十九日以外は遺族のみで行なわれることが多いようです。そして四十九日を過ぎると、一周忌、三回忌、七回忌…といった年忌法要になります。
………「法事の案内状」のページの内容………
【表紙のページに戻る】
▼1. 亡くなってからの日数の数え方と法事の名称
▼2. 法事の案内状の書き方
 ↓ 案内ハガキのレイアウト例 ↓
▼3. 法要・法事の案内状 文例(例文1)
▼4. 法要・法事の案内状 文例(例文2)テキストデータ  次のページ
▼5. お斎(おとき)について 次のページ
▼6. 卒塔婆を付ける 次のページ
▼7. 法事・法要の案内状をもらったら 次のページ
   (1)返事のしかた 次のページ
   (2)万一出席できない時は? 次のページ

■1.亡くなってからの日数や年数の数え方と
  法事(法要)の名称(仏式)

法事・法要は亡くなった人を追善・供養するための儀式であり、故人を偲び追悼する節目としての意味や役割もあります。

亡くなってからの日数の数え方は、百箇日を境目にして変わります。
百か日までの追悼法要は、亡くなった日を含めて数えます。
(例えば49日法要は、亡くなった日を1日目、翌日を2日目・・と数えますので、亡くなった日の前日と同じ曜日となります。法要案内時にめやすとしてください)

また、一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は年数−1年(年数マイナス1年)で行ないます。
 ちなみに回忌とは、祥月命日(=しょうつきめいにち)つまり毎年の、亡くなった日と同じ月の同じ日をさす言葉です。2年目の回忌は三回忌、6年目の回忌は七回忌となります。

四十九日法要や、一周忌などの法事(法要)には、身内以外にも、案内状を出します
(下記印の法事には、身内以外にも案内状を出すのが一般的です。七回忌、十三回忌以降の年忌法要は身内だけで行なう場合も多くなって来ています)。
法事・法要の日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が多いようです。

なお、初盆の法要は忌明け後に初めて迎えるお盆に行われます。亡くなってから間もない時期(四十九日が済んでいない時期)にお盆を迎えても、初盆の法事・法要は行いません。次の年のお盆に初盆の法要を行うことになります。
【このページのトップに戻る】
追悼法要 /忌日法要
日数の数え方 亡くなった日を含めて日数を数えます。
法要の名称 時期 案内状
初七日 (しょなぬか) 7日目 (葬儀当日に行なわれることが多い)  
ニ七日忌(ふたなぬか) 14日目
三七日忌(みなぬか) 21日目
四七日忌
(ししちにち) (よなぬか)
28日目
五七日忌(ごしちにち)
(いつなぬか)
三十五日 (さんじゅうごにち)
35日目
六七日忌
(ろくしちにち)(むなぬか)
42日目
七七日忌(しちしちにちき)
(なななぬか)
四十九日 (しじゅうくにち)
49日目
百か日忌 (ひゃっかにち) 100日目  
年忌法要
年数の数え方 一周忌は、亡くなってから満1年めの祥月命日(しょうつきめいにち)に行ないます。
法要の名称 時期 案内状
一周忌 (いっしゅうき) 満1年目
年数の数え方 三回忌以降は、亡くなってからの 年数マイナス1年で 行ないます。
例)三回忌は満二年目。
法要の名称 時期 案内状
三回忌 (さんかいき) 満2年目
七回忌 (ななかいき) 満6年目
十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目  
十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目  
二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目  
二十七回忌 (にじゅうななかいき) 満26年目  
三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目  
※仏教以外の、キリスト教、神式の法要については、法事・法要のページへ>>
【はみだし知識】
法要そのものは、宗教によって異なるだけでなく、宗派によっても異なります。
例えば浄土宗の法要には、仏教の法要(上記のような死者の供養のための法事、および仏教行事)だけでなく、浄土宗固有の法要(代表的な者としては御忌会など)があります。
【このページのトップに戻る】

2.法事の案内状の書き方

一般的に、法事の案内状や法要はがきでは、文中に句読点は用いません(法要例文参照)。
なぜ、句読点を用いないのか似ついては、会葬のお礼状のページ「レイアウト例」の箇所で説明していますので、のちほどご参照下さい>>>

さて。法事の際に行われるのは、
 1. 法要(僧侶による読経など)、
 2. お墓参り、
 3. お斎(食事)、
 4. 卒塔婆供養、
 5. 納骨
などです。これらの項目のうち、
なにを、いつ、どこで行うのかをお知らせするのが法事の案内状だと思ってください。

もちろん、
誰の(故人の名称や施主との続柄)
何回忌(何日忌)
なのかをお知らせするのも、大切な役割となります。

それでは、下記に実際の法事案内文例をご紹介しながら、法事のはがきや案内状の書き方をご説明いたします。
【このページのトップに戻る】

3.法要(法事)の案内状 文例1

法事の案内状を出す場合、本来は案内の書状を封筒に入れて出すのがマナーです。
使用する封筒は、二重封筒は使いません(不幸が重なる、といわれて二重封筒は避け、白い無地の封筒を用いるのが普通 です)。
法要の案内状と一緒に、 遺族が法事や引出物、会食(お斎=おとき)の準備をするために、出欠をたずねる返信用ハガキを同封します。
近年では略式として、封筒を用いずに往復ハガキを用いるケースも多くなってきました。

下記に案内文例をご紹介します。
 パソコンなどで自作される場合には(一周忌、三回忌…と使えますので)一度テンプレートを作っておくと便利です(下記文例は無料です。テンプレート作成にお役立て下さい)。

下記の画像のピンク色の数字をクリックすると説明にジャンプします。
※直前に出欠の変更をする人が必ずいます。施主の電話番号は忘れずに記載しましょう。
【このページのトップに戻る】
法事の案内状の文例1

頭語+結語
および
時候のあいさつ
・頭語+結語を入れます。 頭語と結語は決まったペアになっています。

例えば 書き出しが「拝啓」で始まれば最後は「敬具」。 書き出しが 「謹啓」なら文章の最後は「敬具」など。
左の法事案内状文例では、「謹啓」と「敬具」をペアで使っています。
・季節を表わすあいさつを「時候の挨拶」と言います。 下記にその一例を紹介しています。
 文章の長さの都合上、時候の挨拶を入れるのが難しければ、この時候の挨拶の部分を省略しても構いません。省略する場合には、頭語のあと「皆様におかれましては…」となります。
↓↓

【時候の挨拶の例】
時候の挨拶
の一例
1月 ・厳寒の侯
2月 ・余寒の侯
3月 ・早春の侯
4月 ・陽春の侯
5月 ・新緑の侯
6月 ・梅雨の侯
7月 ・盛夏の侯
8月 ・残暑の侯
9月 ・初秋の侯
10月 ・秋冷の侯
11月 ・晩秋の侯
12月 ・初冬の侯
法事の案内状5

故人との続柄および名前
◉施主と故人との続柄と、故人の名前を書きます。
【法事案内例文】
・「亡母 芳枝の一周忌法要」
・「亡兄 佳一の三回忌法要」など。

なお、施主と故人で姓が異なる場合には、フルネームを書きます。
・「亡義母 作川陸子」など。
◉四十九日案内状の場合…法事を表現する文章は「忌明け」「四十九日」のどちらの言い方でもOKです。
【四十九日法要の案内状例文】
・忌明けの法要をとりおこないます。
・ 四十九日の法要を営むことになりました。

また、この日に納骨を行う場合には、
・四十九日の納骨法要を行います。など。
日時
・法事が行なわれる日、曜日、開始時刻を書きます。 ・慣例として、あまり西暦は用いません。
場所
・ご自宅で法事を行なう場合には、「自宅にて」などと書きます。
・ホテルなどで行なう場合、住所にそえて(◯◯駅東口2分)などと書き添えると参会者への心配りが感じられます。
会食(お斎)について
・法要とお斎を異なる場所で行なう場合には、お斎の場所、ホテル名などを記載します。
【法事の案内文例】
・例「なお、法要後自宅にて粗宴をご用意いたしております」
  「なお、法要後◯◯◯にてお斎を予定しております」など。


※一周忌法要案内状の場合…上記の法要案内文例では、法要とお斎(食事)という内容になっていますが、もし、納骨がまだの場合には、一周忌の法要の時に行うこともあります。その際には、法事の案内文章を、「一周忌の納骨法要」という表現にすると良いと思います。(一般的には、納骨は49日法要の頃に行うのが最も多いようです。遅くとも三回忌までに行われます)。
差出し人の住所、氏名
・施主の氏名をフルネームで記載します。
・急に都合が悪くなった人が連絡できるよう、電話番号を載せます。
・下記のように往復ハガキの宛名欄に記載するときには、氏名の下に「行」と印字します。
往復はがきを使う場合(法事はがき)の書き方例
往復ハガキを使う場合(裏面)
人数について
・案内はがきで先方の人数を尋ねるのは、必須ではありません。
ご家族単位で案内状を出す場合や、会社あてに法事の案内状を出す分が含まれていることを想定して作った欄です。不要であれば、この人数を尋ねる部分のの中を削除してください。

※出欠席を尋ねるのは必須です。
卒塔婆について
・法事の出欠を尋ねるハガキにて「卒塔婆をお付け頂けますか?」とお尋ねするのは、必須ではありません。ただ、法事の当日に参会者のほうから「卒塔婆を付けたいのだが」とお申し出を頂くよりも、前もってお教えいただけば、法要(供養)に間に合うことから、こうしたお尋ねを出欠ハガキ上でする方もいらっしゃいます。
・不要であれば、この卒塔婆について尋ねる部分のの中を削除してください。

卒塔婆

【卒塔婆についての説明】
卒塔婆(=そとば。そとうば。)
塔婆ともいいます
サンスクリット語のストゥーバという言葉を音字にしたものです。

インドではストゥーバは、故人を供養するための五輪の塔を意味しますが、現在の日本では卒塔婆は右のイラストのような形状をしていて、お墓の後ろのほうや周囲などに建ててある、木製の板状のものです。

表面には、五文字の梵字の下に種字が入ります。
種字とは、 49日、一周忌、三回忌、という法事ごとに、十三人の仏尊のうちの1人が決められており、その仏尊の名称を梵字一文字で表わしたものです。例えば三回忌では、阿弥陀如来を表わす文字になります。

このページでは右のように表側の面しかイラストを用意していませんが、裏面には、卒塔婆を付けた人(費用を出した人)の名前が入ります。

さて。
故人の供養のために卒塔婆を付けてもらう場合には、法事の参会者は御供物料とは別 に、白い封筒に「御塔婆料」「御塔婆供養料」などとして施主に渡します。
付塔婆の費用はだいたい3,000円とか5,000円くらいです。法事の参会者はあらかじめ施主に電話などで料金を確認することをおすすめします。
卒塔婆は、施主でなくても、親族、友人などだれでも付けることができます。

※卒塔婆について… 宗派によっては、卒塔婆を用いませんので注意してください(浄土真宗では用いません)。
施主の方は、法事の日取りを寺に連絡する際に、あらかじめ寺に卒塔婆の料金を確認しておくと良いでしょう。

※上記の、法要の文例の返信欄では、付塔婆をご希望の方は…とおたずねしていますが、こういったお尋ねはしなくても構いません(8)のところで説明済み)。
「半分に切ってポストに投函して下さい」という注意書きについて
・意外と、中央で切らずに往信の部分がついたままで法事案内状の返信を出して下さるかたがいらっしゃいます。

もし中央の折り目のところを切らずにポストに入れると
… 配達する側は往信か返信かの区別がつかず、再び往信として配達してしまったり、
…返信に要する郵便料金が不足していることになったり、
といったトラブルのもとになります。

そこで、上記の文章例のように、ちょっとした一文を入れた方が親切だと筆者は思っています。 もし不要であれば、上記の法要案内例文から、この部分のの中を削除してください。
※先方の住所氏名について
葉書の中央に先方の氏名が来るように、配置のバランスを考えながら黒いペンで書くか、印字します。

宛名の下には「様」をつけます。
例:山本市郎様
▼4. 法要・法事の案内状 文例(例文2)テキストデータ  次のページ
▼5. お斎(おとき)について 次のページ
▼6. 卒塔婆を付ける 次のページ
▼7. 法事・法要の案内状をもらったら 次のページ
   (1)返事のしかた 次のページ
   (2)万一出席できない時は? 次のページ
【冠婚葬祭のマナー表紙のページに戻る】