便利・わかりやすい冠婚葬祭マナー
サイトマップ 冠婚葬祭マナー 手紙・電報文例集 時候の挨拶12ヶ月
就活・転職・バイト・副業 ビジネスマナーと基礎知識 花と贈り物 節電・防災・停電対策 メール文例集

のし(おくやみごと)のページロゴ

通夜、葬式、葬儀などの「お悔やみごと」ののしの書き方にも決まりがあります。
このページでは、通夜、葬式、葬儀と、その他の法事に使用する熨斗、のし袋の表書きについて説明をしています。
………「おくやみごととのし袋のマナー」のページの内容………
お悔やみごとののし袋は、故人や喪家の宗教によって表書きも使うのし袋も異なります。
また、「通夜」「葬儀(告別式)」「法事」というそれぞれの儀式によっても表書きが異なります。間違ったのし袋を持って弔問することは大変失礼にあたります。基本だけは頭に入れておきましょう。
1.通夜・葬式について
 不祝儀は、宗教により表書きに違いがありますので、先方の宗教に合わせた注意が必要です。
宗教が分からない場合は電話で問い合わせても良いでしょう。水引は「結び切り」です。弔事では、表書きと名前を薄墨で書くのが正式です。中包みには、表側の中央に金額を、裏側には住所と氏名を忘れずに書きます。

 先方の宗教がわからないときに、比較的どんな宗教でも使える表書きは「御霊前」です。市販の不祝儀袋に薄墨で書きます。
   【1.通夜・葬式とのし袋の書き方についての説明へジャンプ】

2.その他の法事(四十九日、一周忌ほか)について(初盆も含む)
 法事は法要ともいい、葬儀の終わった後も故人の冥福を祈るための儀式です。葬儀と同じく、宗教によってその方法が大きく異なりますから、まずは喪家の宗教を先方に合わせるようにしましょう。
どうしても宗教がわからないとき、失礼にあたらない表書きは「御供物料」です。
  【2.(その他の)法事ののし袋に関する説明へジャンプ】
 
 ☆「あわび結び(あわじ結び)」について☆
「結びきり」のバリエーションとして「あわび結び」という形の結び方があります。結び目に横向きのSがクロスしたような形は、貝のあわびからとったものだそうです。「あわじ結び」ともいいます。
【のしのTOPページに戻る】

1.通夜・葬式とのし袋の書き方

香典は、通夜または葬儀(告別式)のいずれかに持参します。
のし袋の表書きは、先方の宗教に合ったものを選ぶのがマナーです。どうしても喪家の宗教がわからないときには、「御霊前」という表書きにします。ただし、蓮の絵の入ったのし袋は、仏教にしか使えませんので注意してください。
・故人や遺族とのおつき合いの深さにより、弔問の時期や方法が違います。
・香典(ご霊前)の渡し方のマナーや金額の目安については「香典」で詳しく説明しています。>>>
【不祝儀(香典)を贈るときの のし袋】
【香典のお金の入れ方(ご霊前その他)】
【供物・供花を贈るときの のし】
【葬儀社のスタッフへの心付けの のし】
【寺・神社・教会へのお礼の のし】
【不祝儀のお返しの のし】
【このページのトップ(おくやみごと)に戻る】 
不祝儀(香典)を贈るときののし袋
種類 ポイント 表書き・のし袋・水引 書き方の例
仏式ののし袋の書き方
  ◉蓮(はす)の花の柄の入った不祝儀袋は、仏式専用。

◉どんな宗教でも使える表書きは「御霊前」。

◉仏教(ただし浄土真宗以外)では、四十九日の忌明け後の法要までは「御霊前」。
 四十九日の法要から「御仏前」「御佛前」を用いる

 【香典のページへ】
 【葬式のページへ】
 【御霊前のページへ】
◎文字は薄墨で書く。

◎表書き
 御霊前・御香料・御香典など。

「御香料」「御香典」は仏式のみで使える呼び方。
 

◎のし
 つけない

◎水引
 白黒・双銀・双白・白青の結びきり、またはあわび結びを。
※京都では黄白の香典袋を使います。
 【あわび結び,老の波】
御霊前の書き方
※薄墨で書きます。

御霊前
あわび結び
神式ののし袋の書き方
  ◉はすの花の柄の入った不祝儀袋は使わない。

◉仏式の通夜にあたるのが「通夜祭」、葬儀・告別 式にあたるのが「葬場祭」。
数珠や線香を使わないなど、方法も異なる。
 【葬式のページへ】
◎表書き
 御玉串料・御霊前・御神前・御榊料など。

◎のし
 つけない

◎水引
 双銀・双白の結びきり、または、あわび結びを。
 【あわび結び,老の波】
御神前
あわび結び
キリスト教式ののし袋の書き方
  ◉はすの花の絵柄の入った不祝儀袋は使わない。
キリスト教用に、十字架・ユリ の花が入った市販の袋もある

◉ミサや告別式は故人が親しんでいた教会で行われるのが一般 的。
 葬儀ミサの後、告別式で、順番に祭壇に花を捧げていく。

◉生花しか飾らないので、供物はいらない。
 【葬式のページへ】
◎表書き
 御霊前・御花料・御ミサ
 料など。

◎のし
 つけない

◎水引
 特に決まりはない
  
御花料
香典(ご霊前その他)のお金の入れ方
種類 ポイント 書き方と包み方の例
お金の入れ方のマナー
  ◉中包みにお金を入れて、中包みの裏面に金額と住所氏名を書きます。正式には筆で書くのですが、ペンでも良いでしょう。

漢数字で書くと以下のような表記になります。現在では普通の漢数字で書く方も多くなって来たようです。
例えば3万円の場合には、金三万円、金参萬円または金参萬圓などと書きます。金額の後に「也(なり)」はつけてもつけなくても構いません。
10
五または伍 十または拾

その他に中包みで用いる文字の書き方
万または萬 円または圓

中に入れる金額に決まりはないのですが、4万円、9万円という金額は、お悔やみごとにはNGです。故人や遺族とのおつきあいの深さによって金額を決めて下さい。


◉事情があって通夜や葬儀に出席できない場合や、遠方などの理由で郵送する場合は不祝儀袋ごと現金書留封筒に入れて送ります。お悔やみの言葉を書いた手紙を同封しましょう。
◎水引きの細工の立派なもの等もありますが、中に入れる金額を考えて、袋だけが立派にならないように袋のランクにも注意してください。

◎のし袋の中包みと上包み
★中包みの書き方
・中に入れたお金の金額については、中包みの表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。どちらでも構いません。のし袋によっては、金額を書き入れる欄があるものもあるようです。
裏面の書き方の例 表面の書き方の例
のし袋の中包みの書き方 のし袋の中包みの書き方
1万円の場合 3万円の場合
・お金を入れる時のお札の向きについては本当に諸説ありますので、このページでは筆者の考えを述べます。「2枚以上になるときには同じ向きになるようにする」という点だけ守っていただければと思います。

・なお、新札は「まるで用意していたようだ」ということから不祝儀には向かないという考え方をする地域が大半のようです。もし新札を入れる場合には一度折って折り目をつけてください。逆に汚れたお札やしわしわのお札もマナー違反です。
 
★上包みの包み方
中包みを紙の中央に置き、上側を下側にかぶせる。
左下の図は重なり方をわかりやすくしたイメージ図。
慶事 のし袋の外包み
後ろから見た図
その他の、通夜・葬儀に関する熨斗、のし袋
種類 ポイント 表書き・のし袋書き方の例・水引
供物、供花を贈る
  ◉仏式の場合、供物は線香・ろうそく・果 物・お菓子など。
 供花は生花か花輪。一般に花輪を贈るのは団体など公的な立場からになる。
 どちらも当日早めに届くように手配を。

◉神式では線香は供えない。
 供え方、飾り方にしきたりがあるので、供物よりもお金を包んだ方が無難。

◉キリスト教式では、生花のみ
 用いる。
 【香典のページへ】
◎表書き
 仏式では御供物・御花代
 など。
 神式では、御玉串料。

◎のし
 つけない

◎水引
 白黒の結び切りで。
 
葬儀の時の心づけ
  ◉職業としてお世話になる人達
 に渡す。霊柩車などの運転手
 や、火葬場の従業員・接待係
 の人などに。

◉白黄の水引は、関西で使われ
 る。
 
◎表書き
 志など。

◎のし
 つけない

◎水引
 白黒・白黄の結びきりを
お寺・神社・教会へのお礼
  ◉表書きは、普通の墨で。

◉御布施を僧侶に渡す時は、小さな盆などにのせて渡す。手渡しや、床に直接置く事は失礼になる。

◉「御礼」は、どの宗教でも使うことのできる表書き。

◉不祝儀袋を使う場合は、仏式以外では、はすの模様入りを避ける。
 
◎表書き
仏式…御礼・御布施・読経料・御回向料など。

神式…御礼・御祈祷料・御祭祀料・御榊料・御神饌料など。

キリスト教式
教会へは、献金・記念献金・感謝献金・ミサ御礼・御ミサ料など。
神父や牧師には、御礼とする。

◎のし
つけない

◎水引
仏式…半紙の中包みにいれ、奉書紙で慶事の上包みの折り方【参照:のしのページ】をして、水引をかけない形が丁寧。
市販の御布施用の袋や白い封筒でも良い。水引をかける場合は、関東では白黒・双銀、関西では白黄が使われる。

神式…仏式と同じ。

キリスト教式…白い封筒に入れ、水引はかけない。
不祝儀のお返しを贈る
  ◉仏式の場合、四十九日又は三十五日の法要の後に。
 神式の場合、三十日祭り又は五十日祭りの後に。
 キリスト教式の場合、昇天記念式、追悼ミサの時に贈る。

◉表書きの下には、贈り主として葬儀の際の喪主の姓名を書く。

 【お返しのページへ】
◎表書き
 「志」は宗教を問わず使える。他に仏式では忌明・忌明志、神式では、偲び草・茶の子などがある

◎のし
 つけない

◎水引
 白黒・双銀の結びきり。
 関西では白黄も使われる
◉葬儀の際に参列の御礼として会葬礼状と引出物を渡しますが、それとは別 に四十九日の頃に忌明けの挨拶状を添えて香典返しを渡します。その際の、のしの表書きは上記のように「志」となります。忌明けの挨拶状、香典返しのマナーとのしについては、別のページで詳しく説明をしていますのでご参照ください。
※忌明けの挨拶状…【忌明けの挨拶状】
※香典返し…【香典返し】
種類 ポイント 表書き・のし・水引
法要を営む・ 仏式
  ◉主な法要
初七日……親類や知人を招き、僧侶にお経をあげてもらう。
五十七日…35日め。この日を忌明けとする事も。
七十七日…49日め。いわゆる四十九日のこと。親類や知人を招き、僧侶にお経をあげてもらう。
新盆…僧侶を呼び供養する。
一周忌…満一年目。親類や知人を招き、僧侶にお経をあげてもらう。
三回忌…死後2年目。近親者で供養する。
七回忌…死後6年目。近親者で供養する。
十三回忌…死後12年目。近親者で供養する。
十七回忌…死後16年目。近親者で供養する。
三十七回忌…盛大に行う人も。
◎表書き
 御仏前・御香料・御供物料・御佛前など。

◎のし
 つけない

◎水引
 白黒よりも藍銀 ・双銀・双白・白黄などの結びきりを。
御仏前
結びきり
     ★お金の入れ方と中包みの金額の書き方のマナーへ>>>
霊祭を営む・ 神式
  ◉主な霊祭
十日祭…神官を招き、玉串奉奠などを行う。

三十日祭…神官を招き、玉串奉奠などを行う。
五十日祭…忌明け。親類・知人・神官を招く。
百日祭…五十日祭同様、親類・知人を招く。
一年祭…これ以降、霊祭は自宅で行われる。
◎表書き
 御神前・御玉串料など。

◎のし
 つけない

◎水引
 藍銀・双銀・双白・白黄などの結びきりを。
 
法要を営む・キリスト教式
  ◉カトリックでは死亡から3日目、7日目、30日目に追悼ミサを、プロテスタントでは1週間か10日目、1ヶ月目に昇天記念の式を行う。
◎表書き
 御花料・御ミサ料など。

◎のし
 つけない

◎水引
 かけない
 
種類 ポイント 表書き・のし・水引
法要の謝礼
  ◉仏式の謝礼は、白い封筒・市販の御布施用の袋を使う。奉書紙で上包みをすると、より丁寧に。
不祝儀袋はあまり使わない。

◉神式の謝礼は、白い封筒で。不祝儀袋を使うなら、はすの模様の無いものを。

◉キリスト教式の謝礼は、白い封筒に入れる。

◎表書き
仏式…御布施・読経料・御礼・御回向料など。
神式…御礼など。
キリスト教式
教会には、献金・御花料など。
牧師・神父など故人に対しては、御礼とする。

◎のし
 つけない

◎水引

基本的にはかけない。

仏式・神式で不祝儀袋を使うなら、藍銀・双銀・双白・白黄などの結びきりを。

御礼
【冠婚葬祭のマナー表紙のページに戻る】
お悔やみののし・のし袋と言えば…
下記は別ページに掲載
香典の書き方
香典の金額

葬式葬儀の知識とマナー

あ〜お



届け先の近くのお花屋さんが、
供花を直接手渡しでお届け。
★当日配達もOK!
-
-

※このページは自由にご覧いただけるよう作成いたしましたが、マナーに関するご質問が予想以上に多数寄せられ、事務局として対応に追われております。 恐れ入りますが、当分の間、マナーに関する質問受付はお休みさせていただきます。

「くちコミくらぶ」知りたい講座 事務局:筑紫野市二日市北2-3-3 お問い合わせ先:e-mail

(まことに恐れ入りますが迷惑メール対策のため、画像で表示しています。
お手数ですが、上記のスペルの通りにタイプして送信してください)

(c) 1995-2014 kuchikomi-club
YOURS All rights reserved.
無断転載を禁止します