※間もなく下記が表示されます。(パソコン環境によりましては)恐れ入りますが少しだけお待ち下さい。
焼香と言えば…
下記は別ページに掲載
_遺族や喪主の挨拶
_弔辞お悔やみスピーチ
_お悔やみの言葉を述べる
_玉串の捧げ方(神道)
冠婚葬祭マナー_冠婚葬祭マナーTOP

葬儀・葬式の知識とマナー
 関連ページ目次

ほかは冠婚葬祭マナーTOPへ

あ〜お
一周忌
遺族,遺族しきたりとマナー
受付係(葬儀の手伝い)
お悔やみの言葉
お悔やみ状お悔やみの手紙
お悔やみ状お悔やみのメール
お斎(おとき)
お布施
お礼(葬儀に関するお礼)
か〜こ
会葬礼状会葬礼状
仮通夜
忌明けの挨拶状
供花・お悔やみの花供花・お悔やみの花
献杯(けんぱい)
献杯のあいさつ
香典の知識とマナー
香典の書き方
香典の金額
香典返し
告別 式
御仏前
御霊前
さ〜そ
参拝のしかた
参列者のマナー
四十九日(忌明けの法要)
死亡通知死亡通 知
謝礼(葬儀に関するお礼)
焼香のしかたとマナー
初七日
初七日 香典
席次/通夜、葬儀
線香のあげかた
[葬式・葬儀]
葬式・葬儀のお礼状
葬式・葬儀のお礼メール
葬式・葬儀の席次
葬式・葬儀の流れ
葬式・葬儀の費用
葬式・葬儀の服装
葬式・葬儀マナー
葬儀での喪主,遺族マナー
葬儀の受付係 役割と服装
葬式での挨拶・スピーチ葬式の挨拶・スピーチ
 
弔辞など
葬式・葬儀での挨拶とスピーチ葬式の挨拶・スピーチ
 
遺族・喪主の挨拶
た〜と
玉串料と
  玉串奉奠
(たまぐしほうてん)
弔辞(葬儀スピーチ)のマナー
弔電のマナー
弔電のお礼状_弔電のお礼状と会葬礼状
通夜の席次
通夜のマナー
通夜の服装
手紙 時候の挨拶
手紙 頭語と結語
な〜の
流れ(葬式,葬儀)
年賀状のマナー
年忌法要早見表
納骨
のし
 お悔やみの熨斗(のし)
は〜ほ
墓参りのしかた,マナー
葬儀のお礼状封筒のあて名の書き方
御仏前
法事・法要
法事・法要の挨拶
法事・法要の案内状
法事・法要の席次
費用(葬儀,葬式)
服装(葬儀,葬式)
初盆・新盆
ま〜も
喪中ハガキ喪中ハガキ年賀欠礼状
ら〜ろ
礼状 会葬礼状
御霊前
わかりやすいマナー
わかりやすいマナー
 
 
 葬式のページロゴ
 仏式(仏教)の葬儀・告別式に参列する時には、覚えておきたいマナーやしきたりがいろいろありますが、なかでも最も緊張するのがご焼香の作法です。
 1.宗教によって、数珠の使い方が異なること。2.線香と抹香とではやり方が異なること。3.立礼焼香、座礼焼香、回し焼香といった作法があること。これらのポイントを頭に入れておけば大丈夫です。それぞれのご焼香のやり方について、以下にわかりやすくご説明いたします(お焼香と呼ぶ地域もあるようです)。
スポンサードリンク
………このページの内容………
【表紙のページに戻る】
1. ご焼香とは?…線香と抹香の違いと立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の作法
2. ご焼香のやりかた…各宗派による違い
3. 仏教以外の場合(仏式以外のお葬式)…神式の葬儀では?キリスト教式葬儀では?
■1.ご焼香とは?

焼香とは、葬儀・お葬式などの儀式において、死者を弔うために香(線香や抹香など)を焚くことを言います。
初めての方のためにご説明をいたしますと、抹香というのは、粉末状に細かくした香のことをさし、線香は棒状になっている香をさします。


抹香は火をつけるのにも手間がかかるため、葬儀や告別式には抹香を用いますが、それ以外の法事やお通夜や、 一般的な弔問には、線香をあげることが多いと言われています。
ただし、通夜の読経のあとや、法事に僧侶に読経をして頂いたあとの焼香には、抹香を用います。
(※このように儀式においては抹香を用いることが多いので「焼香」という言葉自体が「抹香をあげること」をさし、一般 的な弔問や、ふだんに用いられる線香を使用する場合には「線香をあげる」という、という説もあります。)


お香には、その香りで邪気を祓い、霊前を浄め、冥福を祈る気持ちと意味がこめられています。
宗派によって焼香の作法がそれぞれ異なりますので、注意が必要です。
(宗派による違いは、このページの別項目でご説明いたします)

よく、リラックスした時間や空間を愉しむためにお香をたしなむ方がいらっしゃいますが、皆さんもご存じのとおり、お香とお線香の作り方はともに同じです。 故人や先祖を供養するために焚くのがお線香で、自分が愉しむために焚くのがお香です。 しかし最近では香りを愉しむお香が沢山出まわっており、用途によって形状やパッケージもさまざま、見た目もハッキリ分れてきています。
 
※ワンポイント…混同されがちですが葬儀と告別式は別物です。
【葬儀】は、故人が「無事に成仏するように」、読経・念仏の供養をする儀式です。定刻の10分前位 に到着し、そのまま後に続く【告別式】にも参列するのが原則です。

【告別式】は、会葬者が「この世での善行を足す」意味で、焼香などをして故人とお別 れをする儀式です。告別式だけに出る場合は時間内に会場に行き、焼香・拝礼の列の後尾に着きます
百合(ユリ)の花   お悔やみの花について…
もっと見る>>
百合  
 【このページのトップに戻る】


★ 下記に抹香での焼香の作法と線香での焼香の作法をご紹介します。筆者も初めての時には、自分の順番が回ってくるまでの間、前の人がどのようにやるのかをじっくり観察して臨みました。年配の人や地元の人の作法に従うようにすると失敗がありません。

★焼香順…(御焼香の順番・順位)焼香はまず遺族から(故人に縁の深い人から)焼香します。その後、前の方の席の人から焼香するのが一般 的です。

名称 抹香での焼香の仕方 ※線香での焼香の仕方へ>>
立礼焼香 【立礼焼香のしかた・方法】
(1)数珠は左手に持ち、房(ふさ)の部分が下に来るようにします。焼香台に進む前に、遺族・僧侶に一礼してから焼香台の方に静かにすすみます。

(◎数珠は、仏教徒以外は持ちません。原則として数珠を持つ時は常に左手に持ちます)
 
(2)焼香台の3〜4歩前で止まり、遺影(故人の写 真)と仮位牌を見つめてから、改めて台の一歩手前まで進みます。

ここで一度合掌します。
合掌の際は、 数珠を持った左手に、空いている右手を添えるようにして(または数珠を両手にかけて…宗派によって異なります)手を合わせます。
 
(3)焼香台の右前にある抹香(粉末状の香)を、 右手の親指・人さし指・中指、の三本の指でつまみ、頭を垂れるようにしたまま 目を閉じながら額のあたりの高さまで捧げます。(右図)
 
立礼焼香
(4)額までかかげた手をおろしながら、抹香を静かに左側の香炉の中に落とします。 これを1〜3回繰り返します。
(この焼香の回数は宗派によって異なります)
人数が多く、混雑している時 は、1回だけ丁寧にたけば良いでしょう。
 
(5)焼香が済んだら、もう一度合掌します。
次に、遺影の方を 向いたまま3歩下がり、僧侶・遺族に一礼をし、 くるりと向きを変えて自分の席に戻ります。
 
座礼焼香 【座礼焼香のしかた・方法】
●基本的には立礼と同じですが、和室などで焼香するときに近い距離なら立ち上がらずに焼香台まで移動するやり方があります。
このときの移動の作法を、「膝行・膝退(しっこう、しったい)」と言います。


※膝行・膝退(しっこう、しったい)のやり方…腕の力で身体を少し持ち上げ、ひざをついたまま少しづつ移動します。
(1)親指だけを立てて、他の指を握ります。
(2)そのまま両腕を身体の両脇よりもやや前に置き、力を込めて身体を少し持ち上げるようにしながら、膝を少しずつ前に出しながら移動します。
(3)遺族の席の前まできたら、遺族と僧侶に礼をします。座布団には、座らない方が良いようです。焼香台の前まですすみ、座布団を下座へよけて、正座をします。
まずは一度ここで合掌します。
焼香は、立礼と同じように、親指、人さし指、中指の三本の指で抹香をつまみ、目を閉じて額の高さまでかかげます。故人に礼をしながら、香炉に落とします(1〜3回)。
最後に、両手をそろえて合掌します。
(この焼香の回数は宗派によって異なります。人数が多く、混雑している時は、1回だけ丁寧に行えば良いでしょう。)
(4)焼香を終えたら、祭壇の方を向いたまま両腕を脇について、ひざを浮かせて後方に下がります。僧侶、遺族に一礼をします。
(5)今度は、両脇に腕をつきながら、ひざで後退するようにして、自席にもどります。

※席が遠い場合には、(1)(2)については、腰をかがめた中腰の姿勢で遺族の前まで進みます。焼香を終え、(4)で、僧侶、遺族に一礼を済ませてからは、中腰の姿勢で自席にもどります。


名称 線香での焼香のしかた
回し焼香 【まわし焼香のしかた・方法】
●狭い自宅などで葬儀を行なう場合、通常、祭壇に置かれている焼香台の代わりに、香炉、抹香などをお盆などに載せ、前の方に並んでいる親族から順番に焼香していきます。
この場合、参列者は自分の席にすわったままで焼香することになります。
右側が抹香(粉末状のお香)、左側が香炉(火がついた小さな炭や灰などが入っているもの)です。
(1) 前の人から、お盆がまわってきたら、軽く一礼して受け取ります。
(2) 自分の膝の上か、すぐ前にお盆を置きます。
(3) 右手の親指、人さし指、中指の三本の指で抹香をつまみ、目を閉じて額の高さまでかかげます。故人に礼をしながら香炉におとします。この動作を1〜3回行ないます。(この焼香の回数は宗派によって異なります。人数が多く、混雑している時は、1回だけ丁寧に行えば良いでしょう。)
最後に、両手を揃えて合掌します。
(4)済んだら隣の人にまわします。このとき軽く一礼します。
名称 線香での焼香のしかた
立礼焼香
(1)数珠は左手に持ち、房(ふさ)の部分が下に来るようにします。焼香台に進む前に、遺族・僧侶に一礼してから焼香台の方に静かにすすみます。

(◎数珠は、仏教徒以外は持ちません。原則として数珠を持つ時は常に左手に持ちます)
 
(2)焼香台の3〜4歩前で止まり、遺影(故人の写 真)と仮位牌を見つめてから、改めて台の一歩手前まで進みます。

ここで一度合掌します。
合掌の際は、 数珠を持った左手に、空いている右手を添えるようにして(または数珠を両手にかけて…宗派によって異なります)手を合わせます。
(座礼の場合は、祭壇ににじリ寄 って合掌します。) 
(3)数珠を持っていれば左手に掛け、右手で線香を取ります。宗派によって異なりますが、普通 1本〜3本です。

手に取った線香に火をつけます。複数本であっても、一度に線香に火をつけ、左手で仰いで火をおさめます。
 (注意)息を吹きかけて消すのはマナー違反です。
(4)他の人があげた線香に付かないように、離して立てます。

◎線香を寝かせて供える宗派もあります。 
(5)焼香が済んだら、改めて合掌して故人の冥福を祈ります。
前を向いたまま2〜3歩下がり、僧侶、遺族に一礼します。
向きを変えて自分の席に戻ります。


◎焼香の一連の動作の中で鈴や木魚に触れないように気を付けましょう。
座礼焼香 抹香による焼香に準じます。





 
■2.ご焼香のやり方(各宗派による違い)
焼香の仕方は、各宗派によって違いがあります。

人によって考え方が異なるようで、葬儀・お葬式が行なわれている家の宗派にあわせるべきだという意見もあります。
筆者がご意見をお伺いしたお寺では「あなた自身の宗派のやり方でご焼香すれば良いですよ」と教えて下さったのですが、ご遺族に不快な思いをさせてしまう可能性も否定できません。

線香焼香
筆者は、あくまでも故人の冥福を心を込めて祈る気持ちが大切であり、宗派による作法の違いにこだわる必要は無いと考えますが、もし知識や作法をきちんと心得えて参列することで、遺族をはじめ参列者の皆さんが心おだやかに過ごすことができるのなら、これもまた大切なことだと言えるでしょう。
各宗派による焼香のしかたの違いをご紹介いたします。
 【このページのトップに戻る】

宗派 焼香のしかた・やり方
線香での焼香のしかた 抹香での焼香のしかた
臨済宗 ●1本をあげる ●抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を1回行なう。
真言宗 ●バラバラに離して3本をあげる ●抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を3回くりかえし行なう。
曹洞宗 ●1本をあげる ●抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を1回したあと、2回目は抹香をつまんだらそのまま香炉に入れる。
浄土真宗大谷派 ●線香1本を2つに折って火をつけずにあげる ●抹香をつまんだら額の高さまでかかげずに、そのまま香炉に焚く動作を繰り返し2回行なう。
日蓮宗 ●1本をあげる ●抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を1回(または3回)くりかえし行なう。
日蓮正宗 ●線香1本を2つに折って火をつけずに置く ●抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を3回(または1回)くりかえし行なう。
浄土宗 ●1本を2つに折ってあげる ●抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を3回くりかえし行なう。
浄土真宗大谷派 ●線香2本を2つに折って火をつけずにあげる ●抹香をつまんだら額の高さまでかかげずに、そのまま香炉に焚く動作を繰り返し2回行なう。
浄土真宗 ●線香を立てずに、1本を2つに折って火をつけて寝かせてあげる  
浄土真宗本願寺派 ●抹香をつまんだら額の高さまでかかげずに、そのまま香炉に焚く動作を1回だけ行なう。
真宗   ●抹香をつまんだら額の高さまでかかげずに、そのまま香炉に焚く。
天台宗 ●3本をあげる ●抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を3回くりかえし行なう。


お届け先の近くのお花屋さんが直接手渡しでお届け。
当日配達もOK!




 
■3.仏教以外の葬儀・お葬式について

 仏式以外の葬儀では、数珠や、線香・抹香は使いません。
神式では玉串をささげ、キリスト教ではカトリック、プロテスタントのいずれも白い花を捧げます。

◎玉串奉奠(たまぐしほうてん)…聞き慣れない、難しい言葉です。神式の葬儀・お葬式において、神前に玉 串を捧げる(謹んで供える)ことを言います。

※はみだし情報……玉串とは、榊(さかき)などの常緑樹の小枝に、紙のヌサ(幣)と言われるもの、または木綿(ユウと言われるもの)をつけ、神前に供えるものです。葬儀だけでなく、神前結婚式など、あらゆる神事に用いられます。葬儀では仏教における線香の代わりに用いられ、遺族や会葬者によって神前に捧げられます。

◎献花…キリスト教式の場合は、白い花を捧げます。生花しか用いません。

 
ポイント
神式
玉串を捧げる
1まずは身を清めます。
やりかたは、ひしゃくに水を汲み、左手、右手の順にかけ、次に左手に水を受けて口をすすいで懐紙でふきます。
2. 祭壇の手前で、一旦立ち止まり、遺族・神官に一礼します。
3.神官から玉串を受け取ります。右手で根元を上からもち、左手で葉の方を下から支えるように持ち、祭壇前に進み一礼します。
4.玉串を時計回りにし、右手で持っている根元を自分の前に持ってきます。葉の方の左手は神前に差し出すように下から葉を支えます。
5.玉串を額に近づけるように掲げ、故人の冥福を祈ります。
6.玉串をもとの高さに下げ、左手で根元の方を持ち、右手で葉の方を持つように、手を持ち替えて更に時計回りにします。
7.根元が祭壇の方を向いたところで、 神前に一歩進み、玉串を胸の高さに掲げ、玉串案にお納めします。
8.そのまま後ろに2〜3歩下がり、2回礼をします。そのあと音を立てないように2拍手、最後に丁寧に一礼をします。
これを「ニ礼、ニ拍手、一礼」と言い、神式の儀式全てに用いられます。なお、音を立てずに拍手することを「「忍び手」と呼び、葬儀などの儀式に用いられます。
9.更に2〜3歩下がり神官・遺 族に一礼してから向きをかえて元の席にもどります。
【玉 串奉奠をもっとくわしく】
キリスト教式
献花をする
1.用意されている花を、花が左になるように両手で受け取ります。
2.花を胸の高さで両手に持ち、献花 台の前に進んで一礼します。
3.花が手前に来るように時計と逆に 回し、両手で献花台に捧げます。(右図) 献花
4.そのまま後ろに2〜3歩下がり、一礼をします。もしあなたがカトリック信者でしたら、十字を切ります。
遺族に一礼し、身体の向きを変えてもとの席にもどります。
【このページのトップに戻る】


スポンサードリンク



 

 

【表紙のページに戻る】

 


リンクについてHome プライバシーポリシーサイトマップAbout Us
※このページは自由にご覧いただけるよう作成いたしましたが、マナーに関するご質問が予想以上に多数寄せられ、事務局として対応に追われております。
恐れ入りますが、当分の間、マナーに関する質問受付はお休みさせていただきます。
 
「くちコミくらぶ」知りたい講座 事務局
筑紫野市二日市北2-3-3
お問い合わせ先:e-mail>
(まことに恐れ入りますが迷惑メール対策のため、画像で表示しています。
お手数ですが、上記のスペルの通りにタイプして送信してください)


(c) 1995-2014 kuchikomi-club
YOURS All rights reserved.

無断転載を禁止します