始末書のテンプレート

始末書のテンプレート・無料ダウンロード

始末書のテンプレートのページ。すぐに使える文例・例文が無料でダウンロードできます。
始末書とは、仕事上でミスや不始末、トラブルが起きたときに、問題やトラブルの一部始終を会社・社内に報告し、反省や謝罪の意を表わすために提出する文書をさします。
テンプレートとは雛形のことで、その文書を書くことになった具体的なケース別の文例・例文や書き方まで含みます。
………このページの内容………
1. 始末書のテンプレートとは
 (テンプレートの意味、始末書に記載する内容ほか)
2. 始末書のテンプレート 金銭紛失の場合(エクセル)
【参考ページ】下記は別ページ
  • 始末書はどんなときに書く?始末書の書き方>>>
  • 事故の始末書>>>
  • 始末書 社内規定違反, 紛失>>>
  • 始末書の書き方>>>
  • 始末書 会社の鍵 紛失 >>>
  • 始末書 遅刻>>>
  • 始末書 社員証 紛失>>>
  • 始末書 交通事故>>>
  • 始末書 スマホ,携帯紛失>>>
  • 始末書 営業車損傷, 納品ミス>>>
  • 始末書 金銭 紛失>>>
  • 始末書 パワハラ>>>
  • 始末書 封筒>>>
  • 始末書 ミス、レジミス>>>
  • 始末書 用紙>>>
  • 始末書 社外(特例)>>>
  • 始末書 縦書き>>>
  • 始末書 車両破損,商品,物品破損>>>
  • 始末書 部下の不祥事・不始末>>>
  • 始末書 酒気帯び、飲酒運転テンプレート>>>
  • 始末書 部下の酒気帯び、飲酒運転テンプレート>>>
  • 始末書のテンプレート(就業規則違反)>>>
  • 始末書のテンプレート(金銭紛失)>>>
  • 始末書のテンプレートExcel(備品破損, 社用車無断使用)>>>
  • 始末書のテンプレートWord(社用車損傷, 残業時間超過)>>>
  • ▼ 反省文の書き方>>>(反省文の用紙封筒
    ▼ 始末書と顛末書の違い(しまつしょと てんまつしょ)別のページ
    ▼ 始末書と反省文の違い(しまつしょと はんせいぶん)別のページ

    1.始末書のテンプレートとは

    会社・職場でミスや不始末をおかしたとき、あるいはトラブルが発生したときに、上司から始末書の提出を求められることがあります。始末書とは、会社(社内)に対して、問題やトラブルの一部始終を報告し、同時に反省や謝罪の意を表わすために提出する文書のことをさします。
    例えば、会社に金銭的損失を負わせたり、社内規定に違反したり、会社の社会的イメージを著しく損ねたような場合に始末書の作成と提出が必要になります。
    始末書のテンプレートがあれば、「書き出しは?タイトルは?宛名は?」など、トラブルやミスをどのように書けばよいのか迷ったり、謝罪の言葉はどんな言葉を使うべきか戸惑うときなどに役に立ちます。

     

    始末書のテンプレート 書き方

    始末書のテンプレートは雛形と同じ意味

    テンプレートは雛形のことをさし、例えば事故の始末書、遅刻の始末書、紛失の始末書、ミスの始末書などのように具体的なケース別の文例・例文とその書き方も含めたものです。項目や書式、配置だけでなく文章まで書かれたもので、報告や謝罪のしかた、あるいは言葉の言い回しなども参考になります。

     

    始末書に記載する内容(テンプレートに盛り込まれている内容)

    1. 宛先、宛名
    (始末書の宛名は、社長、場所帳、支店長、部長、本部長あてなどです。反省文の場合にはもう少し軽微なミスのばあいなので宛名は直属の上司あてとなります。)

    2. 日付
    (提出日を書きます)
    3. タイトル
    (始末書と書きます)
    4. 本文
    ・4-1(謝罪の言葉)
    ・4-2(トラブル・不始末・ミスの「発生日時、およびその内容」)
    ・4-3(トラブル・不始末・ミスの「原因、影響や損害の程度や内容、現在の状況」)
    ・4-4(二度と繰り返さないための対策)
    ・4-5(もう一度、改めて謝罪する言葉)
    5. 書き手の所属、氏名、印
     

    会社や職場ごとの慣例に合わせた書式を

    始末書のようなビジネス文書は、厳密な決まりはないものの、記載する内容やおおまかな書式がだいたい決まっているため、テンプレートが役に立ちます。
    ただし、会社ごとに「便箋に手書きで」、あるいは「会社で決められた書式がある」というケースもあります。会社や職場の慣例に従ってください。

    2.始末書のテンプレート
     金銭紛失の場合(エクセル)

    ここでは始末書のテンプレートを紹介します。書式には決まりはなく、手書きの便箋でも構いません。下記はエクセルで作成する場合の書式の一例です。

    始末書の書き方 例文
    例文:金銭を紛失したとき
    一般的には、損害額により懲戒の処分レベルが異なります。
    「始末書を書け」「始末書を出せ」「始末書を提出せよ」言い方はさまざまですが、こうった指示が出されるのは、会社や組織において懲戒処分として示されるけん責の一例です。
     金銭を紛失した場合には金額の多少にかかわらず紛失してしまったことが明らかになった時点でまず上司に報告するほか、必要があれば(本人または上司が)警察にも届け出を出します。
    金額が少額・軽微な損害であれば、始末書を提出する程度で済みますが、金額が大きな場合や故意により発生した損害の場合には、免職や解雇などの処分となることもあります。

    以下はエクセルを使い、ビジネス書式で横書きにする場合を想定した例文です。
    宛名の位置についてはパソコンで作成するビジネス文書の場合を想定していますが、便箋に手書きする場合には、本文よりもあとに書くことがあります(会社・職場の慣例に従ってください)

    下記の文章が出力できる始末書の無料テンプレートを用意しました。無料でダウンロードできます。【エクセル始末書テンプレート】
    ◯◯◯◯年◯◯月◯◯日
    営業部長 見本太朗様
    始 末 書
     このたびは私の不注意で、お客様からお預かりした現金◯◯◯◯円を紛失してしまい、誠に申し訳ございませんでした。
     ◯月◯日◯時〜◯時頃、レジ対応時の金銭授受の際に、紙幣の枚数を良く確認せず現金を受け取ってしまったようです。閉店後にレジの残高が合わないことに気づき、レジ周辺および店内を探したのですが見つかりませんでした。本当に申し訳ございません。
     店長には紛失が明らかになった時点ですぐに報告いたしました。また経理部にも本件を申告し、然るべき経理処理をしていただくことになりました。多大なご迷惑をおかけしましたこと、心からお詫び申し上げます。
     なお、今回の件で現金以外に紛失したものはございません。
     今後はこのようなことが無いよう、金銭授受の際にはお客様と一緒に金額の確認をし、声に出してレジ金額の再確認をする等、再発防止に心がけたいと存じます。
     二度と同じ不始末を犯さぬよう細心の注意を払う所存でございます。反省の証しとして本書を提出致します。本当に申し訳ございませんでした。
    ◯◯店 スタッフ
     反省済子 
    【ワンポイント】
    「いかなる処分もお受けします」という一文について

     強い反省の気持ちを表す文言として、文末に「もし同様の過ちを繰り返した場合には、いかなる処分もお受けします」という一文を、つい入れたくなるもの。しかし受け取り手の立場によってはこの文言を入れることで逆に心証を悪くする可能性もあるようです。そもそも、万一再度繰り返した場合でも、規定や規則を超えた処分が下されることは無いため、「いかなる処分も甘んじて受ける」と宣言するのは始末書のレベルでは大仰だとも言えます。
     事務局のおすすめの言葉は、「二度と犯さぬよう細心の注意を払う所存でございます」といった表現。もしもう少し強調するなら、「万一繰り返した場合には、相応の処分を受ける覚悟でございます」がオススメです。「相応の処分」イコール就業規則に基づいた適正な処分だからです。

    【参考ページ】下記は別ページ
  • 始末書はどんなときに書く?始末書の書き方>>>
  • 事故の始末書>>>
  • 始末書 社内規定違反, 紛失>>>
  • 始末書の書き方>>>
  • 始末書 会社の鍵 紛失 >>>
  • 始末書 遅刻>>>
  • 始末書 社員証 紛失>>>
  • 始末書 交通事故>>>
  • 始末書 スマホ,携帯紛失>>>
  • 始末書 営業車損傷, 納品ミス>>>
  • 始末書 金銭 紛失>>>
  • 始末書 パワハラ>>>
  • 始末書 封筒>>>
  • 始末書 ミス、レジミス>>>
  • 始末書 用紙>>>
  • 始末書 社外(特例)>>>
  • 始末書 縦書き>>>
  • 始末書 車両破損,商品,物品破損>>>
  • 始末書 部下の不祥事・不始末>>>
  • 始末書のテンプレート(就業規則違反)>>>
  • 始末書のテンプレート(金銭紛失)>>>
  • 始末書のテンプレートExcel(備品破損, 社用車無断使用)>>>
  • 始末書のテンプレートWord(社用車損傷, 残業時間超過)>>>
  • ▼ 反省文の書き方>>>(反省文の用紙封筒
    ▼ 始末書と顛末書の違い 別のページ